<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

LGBT

アーバン・クルーザー

ニューシャルマン

  「ニューシャルマン」って、このロゴは何かイヤらしい感じがする。
 とてもスケベな感じがいたします。
 なんかラブホなんかでこんなロゴがありそう。


 「クルージング」って、別に最近ならニコニコ動画か。
 でも昔からそういう言い方はあるのよ。
 「ナイト・クルージング」っていう言い方があります。
 やっぱりこれもどっちかっていうとゲイ系の言葉という記憶が。
 そうなのよねえ(笑)。・・・
 なんか文化的なことって、アーバンで現代だといちいちゲイに引っかかるのよね。
 なんか悔しいわよね。ノンケとしては(笑)。


「ナイト・クルージング」。
 要はね、飲み屋をハシゴしてその夜限りの相手を探すっていうこと。




 アメリカは解放されているようで実はそんなにフリーダムでもない。すごくモラル的に厳しい部分というのもある。
 公衆の場での飲酒が違法だったりするし。
 それこそ、日本みたいにゲイが公衆の面前でそれらしく二人で歩いているなんてことはない。だからゲイとかビアンはそれぞれ特別なBarで、「ハコ」で楽しむわけ。
 「そういう趣味の人たちはこちらで遊んでね」という場所が必ずある。まるで隔離されたゲットーみたいな場所があちこちにある。
 その規模だって小さいBarなんだしお客も限られてるから、こっちがダメならあっちへ行こうって、そうやってアーバンな夜を過ごしたりするの。

 一晩限りの相手を探す。
 それを「ワンナイトスタンド」って言うのね。

 もちろん「シングルスバー」なんてのもノンケ向きにだってちゃんとある。日本語にしちゃうと「出会いBar」。なんかそれだと違うニュアンスだけど。
 シングルスバーに既婚者が行くことは厳禁とされているし、やっぱり一夜の相手を探す寂しい独り者のための「ハコ」っていうこと。
 こういうところはモラルで縛られたアメリカ人の不自由さを感じるところよね。そりゃ既婚を隠して行っちゃったりする人はいないわけじゃないけど。それはすごく犯罪的というぐらいのリスクがある。自分のポジションや社会的な立場をリスクに晒せるかっていうぐらい危険なことなのよ。

 野党の工作員の前川だっけ? 女子高生のいる出会い系にしょっちゅう通っていたという官僚。あれなんてアメリカなら完全にアウトよ。いくらお金積んで黙らせているんだか知らないけど、そんな店に出入りして「何もしていない」なんて通用しないのよ。
 そんなとこ既婚者で、それも高級官僚が行ってい「ハコ」では絶対にないから。
 馬鹿よね、あんな嘘つきに偉そうに色んなところで喋らせておくなんて。


 これが、スウェーデンなんかのずっと拓けた開放的なあたりなんかだと、どこでもゲイもノンケも混ぜて集まっているわけ。
 飲んで騒いであちこちで大掛かりなパーティーになる。レイブとかも言われてたかな。
 そうすると別に特別なBarをハシゴする必要もなし。すぐに相手は見つかります。
 出会って意気投合すれば、相手がどっち系だろうが女だろうが男だろうがいい。
 だから「バイ」だとか、あっちの方がよく耳にするのよね。
 そういう意味ではアメリカの自由さと北欧の自由さは全然違うのよね。
 こんなことを考えるとアメリカの社会には、意外と「モラルの縛り」ってのがあるなあと感じるところ。
 あの国は不思議な国よね。
 そういう意味で、馬鹿なのか賢いのかてんで分からないところがあります。


 まあ、この広告だと「アーバン・クルージング」だってんだから、そこまで相手が必要ではないのかしらね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

スケルトン広告

いわばスケルトン広告なり


 これはタイヤの広告だ。 スケルトン図、それを広告にしたものだ。
 ちょっとジッと見ていると何かジワジワくるものがある。

 それは、 クルマを裸にした からの面白さなんだと思うのだ。

 ああ中はこうなっているんだよなぁ、と。
 そういう透過図とか、構造図なんてもの、特に男はワクワクしてしまう。
 悪の結社の地下秘密基地の図とか、潜水艦の図とか、果てはエンジンそのものだったり。昔からそのような図はあって、惹き付けられるものがあった。
 全体を俯瞰するんじゃない、それぞれの関係、役立っている無駄のない存在を納得させられるものという感じ。
 これを面白く感じるというのは、きっとそれはオトコ、「男の子特有のもの」なのかも知れない。






 だからって 女を裸にする のとは違うと思う(笑)。

 そういうのは、動物としての素直な欲求だ。
 パーツよりも全体としての美しさをじっくりみたいから自分で脱がせたいわけで・・・いやむしろその着衣のままでいい時もあったりして・・・触ったりもしたいし、よく感触も楽しみたいわけで・・・最終的な行為に及ぶ前にじっくりと味わうという前戯ともいうし・・・あるいは脱がせてゆく時のお互いのシンクロを楽しむ瞬間でもあったり・・・

・・・いや失礼(笑)。

 こういう自動車の骨組みのことを「シャーシ」と呼ぶというのは、ずっと子供の頃からなぜか知っていた。
 プラモデルだか、雑誌だか何だか、そういうもので刷り込まれたものなんだろう。
 考えて見ればこの刷り込みは男の子特有のものだろう。

 女の子にも同じように刷り込まれた言葉があるんだろうが、それってなんだろうか。
 ボビンケースとか? ギャザーとか? ソバージュとか? ファッション系のものか。
 それともアイシングとか? ホイップ? スパチュラ? スイーツ系の言葉だろうか。
 こちらは女ではないので「女の子としてオンナの子が子供の頃に刷り込まれたもの」が何かは思いつかない。

 それなら、こんな話はないだろうか。
 いくら女性としての感受性や機能があっても、ジェンダーとしての女性、その記憶がない人もいるかも知れない。それはもしかしたら、性的アイデンティティの喪失感として苦しめられる原因になるかもしれないってこと。自分は女らしい言葉、それを刷り込まれた記憶がない。なーんて。
 ハヤリのLBGTに関わる話だ。

 いや、心配しなくても大丈夫。ひん剥けば人間はみなガイコツだ。
 つまりこんなスケルトンだよ(笑)。 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk