<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

カセットテープ

全盛カセットテープ

DSCF1797


 カセットテープ全盛の時代。

 とは言っても、すでにデジタル化の波は静かにそこまでやってきていて、すぐにCDとそれに続くMp3の登場によって技術は完全に塗り替えられてしまうことになる。

 まだ社会はその変革には気づいてはいなかった。

 カセットこそポータブルで利便性があり、そして音楽を身につける最善の技術だと信じて疑わなかった。

 ウォークマンはそれこそ音楽との付き合い方にとって画期的な変化だったと言っていい。

 文明としては必然的な進化ではあったんだろうとは思うが。



 この広告では、それぞれのテープのラインナップが各種の音源に特化したものだというが、果たしてどのくらい特性に対応していたのかは分からない。

 まさか会議用のテープに音楽を録音したらまるで音質が違ってしまうということもないはずだ。

 音は音でしかないのであって、それをいかに聞きやすくするかとやったとすればイコライザー的なものになってしまい、オリジナルとは違ってしまうということになる。


 昔、人間は耳と頭蓋骨の反響で音を聞くのだとして、わざわざマネキンのような頭部を作り、その両側から音を当てて頭蓋で反響させ、人間の聴覚をシミュレーションして採録したという音源というのがあった。

 そんな話を思い出す。

 よく言われるように、我々が自分の声をテープなどで聞き返すとまるで自分の認識している声とは違っているように聞こえるという理屈である。



 このカセットテープのラインナップがイコライザ的なところなのか、マネキン的なことなのか、何を目指していたのかは知らないが、よく考えれば難しい問題ではある。


 「音源にに忠実に」というのにも、やはりそれぞれのレベルがあるのだ。

 言葉としては間違っていると思うが、「空気感」なる造語さえ広告に使われている。
 それがサーっというあのテープの音だとしたら、ヘッドが拾うノイズをそう称したのだろうか。

 それも「再現」したとすれば、「まずテープありき」の音源ということになってしまう。

 そうだとしたら本末転倒には違いがないのだが、ではテープがなくて何を音とするかと言う話になれば、結局は「人々の記憶」でしかないということになってしまうだろう。



 だから我々人間には言葉という表現があると言うこともできる。

 つまり、もっとも音源を忠実に再現できるものがあるとすれば、それは我々が音を描写し表現する言葉なのだ、と。
スポンサードリンク


 通販で有名なジャパネットの社長の話が興味深い。

 いわく、
 テレビだと「思っていたのと違う」と、クレームや返品があるものだが、ラジオではそれがほとんどない。ラジオは音声だけ、言葉での説明だけなのだが商品が「赤」と言ったらそれは誰にでも赤と受け入れられる。テレビだと赤でその色は見えているはずなのに、「思っていた赤とは違っていた」という返品がある。

 そんな逸話だ。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!
 
 

スコッチ・カセットテープ

DSCF1800


  ちょっと懐かしい有名な広告だと思うが、知らない人にはまるでピンとこないかもしれない。


 耳を石膏でかたどっただけの写真、これが妙にインパクトがあったのを記憶している。

 「音のノイズ」ということを表現するのに、これほどうってつけの写真はなかったと思った。



 昭和の時代、カセットテープというのはこうした厳しい品質競争を戦いながら、基礎技術の蓄積をしていったという歴史があった。

 今はそうした蓄積を貯金として吐き出してしまい、これからの日本の製造業がどうなるってゆくか心配にさえなってくる。


  本来のカセットテープで言えば、メタルテープというものもあって、特性からすればそちらの方に軍配が上がった。

 ただメタルテープは高価でもあったし、なにしろ重く、まるで金の延べ板のようなカセットープだった。

 そして対応するデッキも限られていた。


 だから開き直って既存のカセットテープとデッキで勝負しようと、よほどのマニアでなければみなが同じこと考えた。

 市場は当然広いほうが競争の余地があった。
 ノーマルテープでの厳しい競争が盛り上がったのは当然の成り行きだった。

 その後、メタルテープのことはすっかり聞かなくなったが、技術的には音質で凌駕してしまっていたのだろうか。


 やがてウォークマンの時代となり、カセットテープもいよいよ隆盛を極めることになる。

 そしてカセットも単に音質やノイズだけでなく、見た目のデザインや付加価値が追及されるようになってゆく。

 洒落たラベルをサービスにつけ、楽しくカラフルなラベルをオマケにしたり、カセットケース何本かがまとめられるケースやBOXをオマケにしたり、競争は激しくなっていった。

 カセットケースそのものも透明なプラチックにしたり、奇抜な形状のものが登場し、仕様の範囲ではあるが様々な形のカセットテープが登場した。


 その頃がカセットテープにとって絶頂期であったのだろう。

 やがて音もなくw、デジタル音源が忍び寄ってきて、ついにはMP3で完全にカセットテープの時代は駆逐されることになる。


 こうして考えると技術の栄枯盛衰を見る思いがする。

 今、このテープという技術の活用を改めて考えてみても、もうどこにも用途は考えられなくなってしまった。

 災害に強いということも特になく、原始的な磁気記録装置でしかない。


 このテープの商品名は「クリスタル」である。

 「わかったか?」 「クリスタル・クリア」
 なんて言って、了解したということを強調してこんな英語で言ったりするw。


 スコッチテープのブランドで有名だった3M、3Mボンドなんてブランドあった。
 その販売権と商標使用権を得るため住友が3Mと日本法人を設立した。
 住友電気工業も資本参加した。

 その後、株を住友から買い入れ、3Mの完全子会社になった。

 今は住友電気とは関係がない。3Mジャパンとなっている。

 どうにもその経緯はあまりクリアではなかったw。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk