<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

広告は時代を映して

コピーライターというまやかし

Save0066
 「コピーライター」という職業。

 はるか昔、こういうハッタリ屋が跋扈していた時期があった。

 宣伝部なんてところから多くの作家が生まれたり、スピンアウトして活躍した時期というのがあって、その流れでコピーライターも、なんて、わざわざ才能があると囃し立てた。

 あれはバブルの頃だったか。

 「鉄が浮かんで木が沈む」なんて言って、浮かれた時代だった。


 こんな商売がもてはやされ、表現者だとされたのだから薄ら寒い。

 
 「担ぐ神輿は軽い方がいい」、けだし名言である。


 ごく最近のこと、元コピーライターとかいう老人が発言を炎上させていたらしいが、あれなんかもそんなバブルの頃に担がれた自称コピーライターの一人だ。

 わざとやっている炎上。なんとか見てもらおう、忘れられないようにするわけだ。


 世間からすっかり聞かなくなった人間が注目されようとする。まるで餓鬼道のようだ。




 宣伝コピーなんて、胸を打つものは僅かでしかない。記憶に残るものは少ない。

 製品がよほど記憶に残っていればというぐらい。つまり逆だ。コピーなど残らない。


 考えてみればこういう宣伝コピー偏重というのは今のネットでよく言われるSEOなんて言葉を連想させる。

 ブログやホームページでよく言われることだ。

 「SEO」なんてまことしやかに言われるが、要は検索エンジンに引っかかろうとする工夫だ。

 それはまるで「テレビに取り上げてもらえれば売れる」というのと変わらない。


 こういうことはとても昔のコピーライター的なことだと思う。


 こんなSEOの言説でよく言われる、検索キーワードだの「ビックワードを狙え」だのと聞くと、つくづくそんな気がしてしまう。

 とにかく世間の注目を浴びればいい、それだけだからだ。

 中味はない。品質も不明だ。


 「XXXを5分で解決する5つの方法と3つの結果」なんて記事がある。

 SEOの教科書ではこうしたタイトルがいいと言う(笑)。 開いてみたらまるでポイントのない記事だったりする。




 コピーライターも同じように商品を注目させればよいと、そんな小手先のテクニックだった。

 挙句には痛々しい文句、衝撃的な文句、ブラック、シニカル、ナンセンスでCMは溢れ返った。

 「モノづくり」とやらはどこへやら。

  消費者を馬鹿にした売り方が昔は花形とされたのだ。

 ナナメにモノを見てばかりの連中が生まれたのもそんな時代を反映しているのかも知れない。

 彼らも今は壮年だ。


 今なら「世間の注目を浴びる」どころではない、検索エンジンに引っかかる記事にみせかけろ、そのためにキーワードを選べとやっている。

 機械相手のまやかしが通用するていたらくだ。

 いずれ、コピーライターが廃れていったのと同じように、そんなクズ記事がネットでもて囃されることもなくなるのだろうか。

 それを望みたい。







 誠心誠意、商品の本質を訴求するなんてことはやらなかった。

 消費者は馬鹿でノセられやすい。雰囲気とイメージだけで売れ、そんな傲慢さが横行した。

 ただ注目を浴びるためのこと。


 だからこの頃は派生商品というのがほとんどない。

 中味があるものであれば派生商品が生まれる。スマホのケースやアクセサリーはアップルが求めて作られているわけではない。

 そうしてスマホに派生するサービスも生まれ市場が広がってゆく。

 その意味ではアップルはまだ安泰だろう。




 ちょっとしたテクニックを使うだけでとにかく話題になればいい、そうやってコピーライターたちはコマーシャルを作った。

 この記事のカーコンポの宣伝コピーにしてもなんだろうと思う。


 「歌のない日々」って、「曲のない日々」ではないのかと思う。
 
 ロンサムカーボーイを気取って、それが「歌」じゃ演歌や歌謡曲というニュアンスだ。


「曲に触れない日々を過ごしてきた。
    街は荒野のように音を感じなかったから。」



 なんて、やるならせいぜいそんな感じじゃなかろうか。

 このコピーには主人公となる人物の個性が感じられない。ただのフリ、雰囲気でしかない。


 都会の殺伐さを潤す音楽を感じたい、せめてそれがクルマの中。

 それがカーコンポなんだ、そんな風にやりたかったはずだ。


 それがただの寂寞なんてポーズになり、甘えた子供がフリする道具、ガラクタ、腐った飾り物に成り下がってしまう。

 まあこのパオニアという会社もたいがいだったとは思うのだが・・・。



・・・まあここで添削しても意味はない(笑)。


クオーツとデジタルの時代、セイコーデジタル

Save0065

 セイコーデジタル・クオーツ。

 時計がデジタルになり、デジタル時計、クオーツ時計が日本を席巻した。

 あらゆる時計がほとんどクオーツになり、機械式や自動巻きは一部のものとなった。


 そして液晶表示という革新。

 正確無比な「狂わない時計」いう常識が拡がっていった。
 


 ただ、そのスピードゆえに陳腐化するのも早かったのかも知れない。

 時計はごくありきたりで誰もが持っている必需品となり、その格を自ら貶めることとなった。


 そうして、早い時代から高級時計と廉価な時計の差は歴然としていたのだった。





 すでに子供すら時計を持つようになっていた。

 当初は、「子供には時計を持たせない」 という風潮があり、教師や保護者は抵抗して目を光らせていたものだ。

 それは今で言えば「生徒にスマホを持たせるかどうか」、「学校への持込みを許可するかどうか」、そんな論争と同じ理屈だった。


 いわくこれを禁止する人々の理屈は、子供同士の格差が顕在化してトラブルの元になるというもの。


 しかしカシオによって値段の安い時計も登場し、高度成長を経たこともあって、もはや時計を子供に持たせることは正しいこととなってゆく。

 結局、子供たちに時間を守らせるのに時計は必要だということになったのだった。


 しかし身につけるものが装飾的になるのは必然だったはずだ。

 その点でメーカー側が配慮したとは言わないが、最初はとにかくクオーツ時計の普及ということに重点が置かれ、あまりデザインや装飾性が追及されることはなかったように思う。

 アラームやカレンダー、そんな機能の追求がむしろ全盛となっていった。


 そうして、こんな頃になってやっと、「堅牢性」とか「スポーツ防水」などの付加価値が追求されるようになったことになる。




 一般化した過当競争の時計市場で、その前提の上で、どんな付加価値をつけられるのか、それが当時のセイコーにとっての試練だったのだと思う。


 この広告にみられるように、その後のG-shockを思わせる「タフ」さの訴求は時計の付加価値としては新しいものだったはずだ。


 防水といいながら水深何メートルという訴求があまりないのは、今からすれば少し違和感がある。

 しかし少なくとも、こうした「堅牢性の訴求」がいいところをついていたのは間違いない。



 その上、そもそも、当時、デジタル表示のモノが水深に耐えるとか、ヘビーデューティであるというのもあまり認知されていなかったはずだから、ちょっとした驚きではあっただろう。


 この広告ではアナログ針とデジタル表示がともに並列され、タフな防水ということがアピールされている。





 だがもちろん周知のように、この後のバブルの頃になって、とうに成熟して飽和状態になってしまったはずの時計市場で予想外の飛躍をして見せたのはセイコーではなくカシオだった。

 結局、G-shockがセイコーから出ることはなかったのである。


 まだセイコーは服部時計店の伝統を引きずっていたのか。
 企業としてはおしとやかさが過分にあったためなのか、セイコーはこの先を見通すことはできなかった。


 この広告にも水着の女の子すらない。

 やはりどこかしら品位を気にしているところがある気がしないでもない。



 確かこの後、セイコーが飛びついたのは「電波時計」だったか。

 クオーツ以上の正確さを実現できるのが電波時計というものなのだが、その時はすでにコンピューターの時代であり、イメージとしてはあまり革新的なものとは受け取られなかったはずだ。

 「コンピューター以上に正確な時計があるか」、と、いうわけである。


 しかし実は、コンピューターの時計は電気の流れの関係でよく狂うから、そのイメージは正確なものではなかったのだが・・・(笑)。




 なお、今のパソコンはネットを経由してタイムサーバーというものと同期しているのが普通だ。

 だがまだこの頃はまだPCキューハチの時代で、ネット接続は進んではいなかった。


 だから、電波時計は狂いやすいパソコンの時計を修正するという役割、そんなチャンスもあったはずなのだが、電波時計がパソコンにつながったという話は聞かない。



 G-shockといい電波時計といい、ビジネスチャンスというのが明らかに目の前に転がっているものなのに、手の平をすり抜けるようにして通り過ぎてしまうこともある。

 そんなことを感じざるを得ない。





 よくこの広告を見てみると、アナログ針のモデルの方がデジタル表示のそれよりも高く設定されていることに気付く。

 技術的にそれほどの差はなかったはずだから、これはやはり時計らしいものの格に配慮した価格設定なのだろうと思う。


 これからデジタルがいくら主流となってゆくとしても、高級時計のことを考えればおいそれとアナログ針の地位を貶めるわけにはゆかない、「時計メーカ」として、そういう判断があったのかも知れない。



 結局、我々消費者も、やはりそんなパラダイムを引きずっていて、アナログ針の方がデジタル表示よりもやや格が上だと今でも思っているはずだ。



 今やスマートウォッチが登場し、そこにはまた別の付加価値が入ってきている。

 「ウェラブル」と言われるが、時計はもちろん、もともとがウェラブルである(笑)。

 G-shockがタフだと言われたが、このセイコーもタフを謳っていた。

 要は売り方なのだ。


 スマートウォッチで我々の時計への価値観はまたどんな風に変わってゆくのだろうか。



ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk