<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  本家ブログからコンテンツを切り離して運営しているものです。  広告デザインを評論したり、古い広告を見ながら感じたことをお話していています。 昭和の思い出と振り返り、記事は随時更新です。   広告写真はクリックすると別ウィンドウで拡大できます。

広告から思う

バランタイン・スコッチ

Save0059


 この広告にあるように、「今仕込んでいるものは2000年までには世に出ない」と言っている。


 だからこの広告は1983年のモノということになる。


 この広告で売られているものは1966年に仕込まれたもの。

 それから17年でも1983年という計算が出来る。



 なんだかちょっと笑ってしまうのはなぜだろうか。ピン外れなものを感じてしまう。


 あまり消費財商品から歳月というのを実感することはないからかも知れない。




 「年代もののウィスキー」という巷間言われるニュアンスというのは、あくまで「年月が経って熟成している」という程度の表現でしかない。

 その17年がウィスキーの味にとってどれだけのものなのか、知らない我々には押し付けがましさしか感じない。


 仕込まれた1966年に思いを馳せて呑んだりはしない。

 また第一、その当時の関係者らが世相を反映して、様々な思いで仕込んでいたとしたら気持ちが悪いw。


 17年モノのウィスキーというだけだ。 それを強調しても何もならない。


 人にとってその17年という年月を受け入れようとすれば重すぎる歳月だ。

 刑務所に収監されることや冤罪での拘束を考えれば途方もない。




 色んなものに年月が刻まれている。

 しかし消費して消えうせてゆく商品を見て、自分が生まれた歳だの、自分が家庭を持つまでの年齢に相当するだの、そうしたことは人は連想しないものだ。

 つまりこの広告のように歳月との関連はない。それはただの製造年のナンバーに過ぎない。


 だいたい、そうした考え方をしたら呑む気になれるものでもない。



 これは当ブログだけの個人的な感覚ということもないだろう。

 誰でも硬貨に刻まれている発行年を見てしまうものだし、それが古いと気になってしまうことはある。


 しかしそれで何が起きた年だったとか、自分の人生に照らして慨嘆したりはしない。

 せいぜいが誕生年との一致で不思議なものと楽しむぐらいだ。



 我々はつい日々を過ごしてしまいがちだ。

 だからと言って、刻まれた歳月を改めて直視できるかというとそうでもない。

 振り返ってみるには歳月の歩みは早過ぎるのだ。





 日本のように、硬貨に発行年が描かれている国は世界では珍しいと言われる。

 我が国ではどんな趣旨と意図で発行年が硬貨に刻まれているかは分からない。


 硬貨の発行年を眺めてみても経済の回り方がわかるわけでもない。


 ちゃんと造幣局は仕事をしているようだ、感じるのはそのぐらいだろう。

 

ランサー・セレステ

Save0032



 前に紹介したランサー・セレステというクルマの広告。 これは別なバージョン。

 今回の広告はクルマの色がいくぶん爽やかだ。

 前回の広告では黄色の微妙な色で、どこか欺瞞的なところがあった。


 後ろにその黄土色のクルマが見える。

 その色合いは何か乱暴なドライバー、非常識なドライバーというのを隠していたように見えたが、こんな色ならそんな気はしない。


 調べてみると、このクルマはもともとは「セレステ」というシリーズで売るつもりだったものらしい。

 それが、新しい車種での発売を嫌気した監督官庁のために「ランサー」シリーズのラインナップのひとつとして売ることになったとか。


 一説には過ぎないというが、わかる気がしないでもない。




 こうして今、落ち着いた感じのカラーリングでこのクルマを改めて見てみると、なかなかのスタイルに見えなくもない。

 今ならきっと目立つことだろう。

 ビンテージカーとして十分なものがあるのではないか。

 
 それこそ、当時の傍若無人なドライバーを想像させたものとは違い、今なら落ち着いたクルマとして見れる気がする。


 最近のクルマはまるでガンダムか何か、まるで「オモチャ」のようだ。

 あるいは拉致でもしそうな、いかがわしさがある。


 そういう印象を持つのも世情を反映してのことだとは思うが。




 コピーは男性雑誌の広告にしてはファミリー的なメッセージで、クルマの宣伝としてはインパクトに欠けるように思える。

 やはりまず、規制当局の目というのがあったのだろう。


 昔は今よりもずっと規制当局の圧力が強く、なにをするにも交渉をする必要があった。

 それだけの規制や圧力があった。

 そういう窓口的な指導をしなければ大衆は自動車を凶器にし、たちまち犠牲者が出て、社会インフラは無駄に消耗し、狂った世界が出現する、そんな意識が官僚たちにはあったのだろう。

 モータリゼーションという波はそれほど大きかったのだ。



 しかしでは、逆に今、それだけの労力を官僚たちがかけて、素晴らしい「未来」が拓けたかというとそうでもない。

 結局、成し遂げたのは官僚組織の肥大とその権力の拡大でしかなかったのではないか。


 メーカーの側はこの広告のようにコソコソと官僚や世間の目を気にしながら、無責任な連中にクルマを売るだけだった。

 後は知らぬ自己責任と振舞った。

 「企業責任」など今に較べればまるでないも同然だった。


 この当時、メーカーは規制当局を呪う前に、自分たちでコミットすべきことは山ほどあったのに。