<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  本家ブログからコンテンツを切り離して運営しているものです。  広告デザインを評論したり、古い広告を見ながら感じたことをお話していています。 昭和の思い出と振り返り、記事は随時更新です。   広告写真はクリックすると別ウィンドウで拡大できます。

広告の成分分析

ア・システムコンポ・プロジェクト

Save0036


 

 実にシロウト臭い広告だと思う。

 訳が分からない詰め込み方。目が疲れるようなレイアウトのウザさ、呆れるばかりの広告だ。


 ラジオ番組「ジエットストリーム」を思わせる夜景。

 斜めの傾き、だから飛行機の翼かと思えばネバダかどこかの砂漠が唐突に貼り付けられている。

 斜めに配置されたウンチクもゴタクも、フォントの色も、なんだか五月蝿い感じがしてしまうだけ。

 みんな斜めw。


 まるで中学生が作ったような広告だ。

 よくこんなものが許されたな、と思ったらパイオニアだった(笑)。


 これは例の「レーザーディスク」発売の以前だったろう。

 まだ木製のキャビネットなどで高級感でモノが売れるとやっていたようだ。

 やがてレーザーディスクの一時的な成功で会社は伸びる。


 しかしその栄華も僅かの期間に過ぎなかった。会社は急速な時代の変化についてゆこうとはしなかった。

 カーコンポ、GPS、アップル互換機など、会社はとことん迷走を続け、ついには破綻寸前の状態となる。

 レーザーディスク成功の驕り、組合によって潰される典型的なダメ会社の物語でしかない。



 組合が会社を駄目にする。

 我が国でテクノロジ企業がロクに育たないというのもこんなところに原因がある。


 派遣と社員という労働格差を温存することで甘えが生じ、企業は活力を失ってゆく。


 将来のビジョンが見えず、ビジネスは「モノ売り」のままだ。

 今の時代、その衰退のスピードは驚くほど早い。



 パイオニアにとって、カーナビなどがそうだったろうが、やり方によっては日本のユニコーン企業として再生できたはずだった。

 しかし会社は、とにかく社員重視という奴で取引先を軽視した。能力がある者を使わなかった。


 かくして、今やGPSはほとんど発展の望めないインフラ程度に成り下がってしまった。

 社会変革の夢は泡と消えた。

 今はインターネットがある。

 ネットとGPSの融合は忘れられたままだ。
 


 木製のキャビネットにうやうやしく収納させたコンポーネントは、同じ時代の広告、オーディオ製品と較べても時代遅れに感じてしまう。

 これでどんなライフスタイルを想定していたのか、独りよがりなものしか感じられない。

 その気質は変わらなかったのだろう。レーザーディスクはよほどの幸運であったとしか言いようがないが、しかしこんなセンスだったのだから、そのブームは短命に終わった。

 言うまでもなくレーザーディスクはパイオニアだけが販売した。



 やがて会社に全く価値がなくなり、消費者にはパイオニアというブランドは遅れたものという印象が植え付けられてしまった。

 今は社会にとっては不要な企業でしかない。


 傲慢さのツケ、哀れさしか感じない。

 

モノクロの自動車広告


Save0043

 広告は見えにくいが、知る人が見れば分かるかも知れない。

 そういう「見つめさせる」引きを狙った広告だ。

 よくよく見れば面白いというわけだ。




 広告の自動車は三菱のギャランシリーズで、フラッグシップモデルということだろう。

 撮影場所が欧州かと思えるが、実は長崎のオランダ村で撮影されている。


 長崎オランダ村は、この施設が原型となり、今のハウステンボスへと続くテーマパークである。

 テーマパークでありながらわざわざオランダ人の大道芸人などを呼んでパフォーマンスさせるなど、運営も話題を呼んだ。


 一瞥すればオランダ風の町並み、そこにクルマがあるという風に見えるから、まるで欧州で評価されているモデルのように見える。

 よく見れば違う。しかし騙されたという感じにはならない。




 こういう長崎オランダ村やハウステンボスのような感覚をなんと表現したらよいのか。
 日本にはこういう感じのことがよくある。ディズニーランドもそうだ。

 いわば、「手前感覚」とでも言ったらいいのだろうか。
 「自分の手元に置いたものの方が本物になる」、そんな感覚だ。

 なにもわざわざオランダを知るのに、オランダに出かける必要もない。
 出島があったご縁で長崎にそっくりレプリカを作ってしまおう、それなら海外へ出かけるよりも安全だ、と。


 そしてオランダよりも、こちらがよりホンモノのらしい手触りだと我々は感じるようになる。


 近くて、誰もが行ける国内の場所ならそっちの方が良い。
 いくらホンモノであっても、遠くてほとんどの人が知らないというのであれば感触は薄い。

 そのイメージさえ薄くなってしまう。

 一方のオランダとて、どうせ観光客を当て込んで町並みを整備したりして国自体が観光資源であるのだ。
 それならいったい、何が「ホンモノ」であるかということになってしまう。


 この広告に当てはめて言えば「ベスト」とは何か、ということになる(笑)。

 そんな風に、我々日本人は実に軽やかにローカライズをやってのける。



 写真はハイキー気味で素晴らしい出来だ。
 
 見た人を唸らせる広告、凝視させる広告、そんなところを志向しているのが分かる。

 これが高級車であるというアピールは、同じように手前感覚的を使って成功しているように思えるがどうだろうか。


 にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!