Save0039

 酒をよく呑む方だがハイネケンにはほとんど世話になった記憶がない。

 なぜかというと輸入ビールはたいてい薄いのだ。

 そりゃあ海外には濃いビールもあるが一部の専門店ぐらいでしか手に入らない。


 多分輸入した側の先入観が影響しているのだろう。

 濃いビールは日本人向けではないとか、そんな勝手な判断をしているのだ。

 そうでなければこれだけ輸入ビールが薄いという理屈がない。


 バドワイザーと、このハイネケンはそういう薄いビールの双璧だと思う。

 タイのチャンビール、中国のチンタオビールなんかがこれに続くはずだ。




 酒なんて濃いのに越したことはない(笑)。

 濃ければ薄めればいいのだし、ワインをソーダや水で薄めるというのは本場イタリアでもよく行われていることだ。


 そこへゆくと、ビールというは薄めるのは難しいかも知れない。

 ビールに氷を入れるというのはあるが、それはまた別なことだ。


 だからそんな輸入元の判断になってしまうのかも知れない。

 濃すぎるビールは日本人には受け入れられない、とか、なんという都市伝説か(笑)。


 そういえばグレープフルーツも「日本人は酸味が苦手」なんていう前提があって、最初はあまり輸入されなかったという。


 消費者が先入観で買わせられるのはともかく、商売をしている連中に先入観があってどうするのか。





 すなわちこれ、「あまり有難くない輸入品」というやつだ。輸入する側にどこか決め付けてしまっているところがある。

 香水なんてものもそんな感じのモノのひとつだ。


 日本は昔から輸入品を珍重してきたはずだが、どうにもビールとなると国産がいい。


 「スーパードライ」という、日本のビール業界に革命を起こしたビールは海外でも人気で売られている。



 ビールの本場であるはずの、イギリス人の連中がこれをよく褒めたりする。

 いわく、「キレがある」なんて言うのだ(笑)。

 ちょっと笑ってしまう。ぬるいビールを呑んでいる人々には日本のビール文化はちょっと違うのだろう。







 西洋人、とりわけ白人というのは実はアルコールが苦手だったりする。

 日本ならちょっとした量というぐらいでも、ひどく泥酔してしまうことがある。

 「アルコール中毒」なんて言っても、日本人の感覚からすれば大した量じゃなかったりする。


 遺伝子だか体質のせいなんだろうか、しかし僅かの量で酔うと思えば強い酒を呑んだりもする。

 ムチャな呑み方をする。


 日本人はアルコールに耐性があると思う。


 「酒を酌み交わした仲でなければ信用できない」、それは日本人には普通の感覚だ。

 だが今時そんなことを西洋で言ったらアル中問題とされてしまうだろう。


 特に間違ってはいない気がする。

 酒で失態を見せないかどうか、キレイに呑めるかどうか、それもヒトを判断する材料のひとつだからだ。