Save0044




 プレイボーイと言うブランドは様々な形になった。


 この当時、こういう、どこかのブランドを借りてきて製品を売るというやり方はまだケースとしては稀だったはずだ。


 もしかしたら、こうしたブランド自体を販売するようになる「パテント商売」というのは、このプレイボーイがハシリだったかも知れない。


 スエターやマグ、ノートなど、様々な商品にプレイボーイのウサギ(バニー)のロゴが印刷され、商品になったものだ。


 そんな風にブランドマークが流用され、色んな有名ブランドのロゴが踊った時代というのがあった。

 タバコのキャメル、スコッチのジョニーウォーカー、ポルシェ、スマイリーマーク、スヌーピー。などなど。




 いったい、これを当時買った人々というのは、どういう気持ちで買っていたのか。


 もちろん、当時でもプレイボーイ誌の硬派なところというのは注目されていなかったから、「プレイボーイのバニー」というのは単にエロ雑誌という感じのイメージだったろう。


 実は、そのジャーナリズム精神溢れる記事やルポルタージュなど、プレイボーイ誌というのは世間的なイメージよりもずっと硬派の雑誌だった。

 それがセンターフォールドを飾る女性たちのヌードのイメージが強かったばかりに、プレイボーイのロゴは間違った印象で受け入れられた。


 それはそのまま、名前の通りの「プレイボーイ」。
 軟派な「ジゴロ風の男」のイメージだ。


 だから、まるで「私は女性が好き」とでも言うようなメッセージになるとして、みながこのブランドが刻印された製品を買っていたのだと思う。

 人々は使いやすいツールを求める。

 女性との出逢いを求める男なら、そうして好んでプレイボーイのロゴを身につけた。




 例えば「サンリオ」という日本の会社は、世界でも人気のある「キティちゃん」というブランドを持っている。


 この会社はバブルの頃、会社の事業そっちのけで株式投資に血道をあげたことで有名になる。

 その利益は事業収入をさえ越え、投資収益は莫大なものになった。


 だがバブルが崩壊してその投資行動が曲がり始め、転落を始める。



 やがてサンリオはこうした投資行動を止め、事業に専念すると宣言する。

 「株式投資から手を引く」、そうサンリオは宣言した。


 そうして彼らはキティちゃんのキャラクターを世界中に売り始めた。

 今や「キティちゃん」は日本で最も露出の多いキャラクターだと言われる。



 金を出せば「キティちゃん」はどんな商品やサービスのキャラクターにも使うことが許される。



 プレイボーイも同じように、その帝国の凋落とともにブランドの販売にチカラを入れ始め、現在はなんとか持ち直した。

 プレイボーイ・バニーを売った。

 それは、創業者であるヒュー・ヘフナーの娘の才覚が大きかったということが言われている。





 ブランドというものは本来ならその商品の価値だった。

 商品そのものだった。


 しかしその商品のイメージが確立すると、ブランドそのものが一人歩きを始める。


 いいオンナのイメージ、伊達男のイメージ、洒脱、洗練、実直、などなどw。

 やがてそのブランドのロゴや存在、それ自体が社会的に何らかのメッセージを持つようになる。


 プレイボーイのロゴがこうして使われたことを考えることは、我々の社会における「記号化」というものをよく現しているのだと思う。


 世界は記号によって彩られている。