Save0030


 パイオニアレーザーディスク。

 一瞬だけ注目され、あっという間に廃れたビジネスだった。その仕事はまるで誤っていて、今では哀れという印象しかない。

 その後、彼らはカーナビで同じ失敗をし、パイオニアは会社としてどうにも立ち行かなくなっていった。



 この当時、レーザーディスクのタイトルのことを「ソフト」なんて言っていたものだ。

 確かに「映像ソフト」ではある。

 今風の言い方をすればそれは「コンテンツソフト」ということなんだろう。


 すでにビデオデッキは映像再生機として標準となり始めていたから、そこに切り込んだ以上はビデオ市場を切り崩す必要があった。

 レーザーディスクは録画が出来ず、映像の細かさは誇ったが、それもビデオ規格の改良によってあまり優位ではなくなってしまった。


 ビデオデッキは、規格を中心にして多くの競合する会社が立ち上がり、市場が日々深耕されていった。

 レーザーディスクはその独占ゆえに市場から取り残された。


 パイオニアは、いったいどんな事業展開を想定していたのだろうか。





 それはビジネスを勘違いしたとしか言いようがなかった。

 レーザーディスクとプロジェクタ、ハードを売っていればよかったものが、この広告のようにコンテンツソフトの販売にも手を出し、電機メーカーが映像ソフト販売の代理店のように振舞おうとした。


 版権やらなにやら、シロウトが泥臭いプロモートの世界に手を出して、どれだけの経験が積み上がっただろうか。

 どんなにレーザーディスクがそのラインナップを誇ったとしても、一社だけではとうてい限界があった。

 やがてレンタルビデオに火がつき、猛烈な勢いでビデオ業界が市場を広げるのを横目にパイオニアは「良質な映像コンテンツ・良質な画質」にこだわり続けた。




 こんな広告からも分かるように、パイオニアはハードとソフトの両方を手放そうとしないという誤りを犯し続けた。


 そして映像がコレクションになることにこだわり続けた。

 映像などそうそう繰り返し見られるものではなかったのに。




 この頃、すでに映像タイトルは「消費されるもの」になっていた。

 時代は映画を収蔵し、繰り返し楽しむようなものではなくなっていった。


 今の時代の走る名作が次々と生まれ、そして時代を足早に通り過ぎるようになっていった。


 鑑定家よろしく、収集のための名作を厳選してラインナップを見て、悦に入っているような時代ではなくなっていたのだった。




 この頃、パイオニアはレーザーディスク普及のためにキャラバンを組み、都市近郊の街で上映会をしていたことがある。


  会社はお気に入りのコンパニオンを揃えて依頼し、テントを用意し、そこで映画の上映会とプロモーションを行ったものだ。


 ビールと乾きモノのツマミまで出し、コンパニオンを横にはべらせ、暗いテントの中で上映したのは「エマニュエル婦人」などのエロチックなもの、ポルノまがいのものだった。

 小さな街で有力者や金持ちのオヤジたちを相手にコンパニオンでいい気分にさせ、高額なレーザーディスクセットを売ったのだった。




 最後のレーザーディスクの末路はカラオケ屋での映像サービスだった。

 やがてすぐ、それもネット配信によって凌駕されることになる。

 最初はレーザーディスクカラオケは、画質も音質もネット配信の電子音楽に較べれば格段によいものだったが、やがて追いつかれてしまった。


 それはまるで、かつてのビデオとの映像コンテンツにおけるシェア争いを再現したように思えた。