大場久美子



  宮崎よし子のミノルタX7に対抗して、オリンパスは大場久美子を選んだ。

 そこには熾烈な競争があったのだと窺える。

 それだけベストチョイスだったと思うからだ。
 これがピンクレディなら完全にアウトだったろう。


 可憐な感じの中に何か毒婦のような淫猥さがあって、この人は服を着ていてもエロスが臭い立つ。
 この人の才能なのだと思う。

 広告写真のビニールの雨傘もいい。
 ビニールの雨傘が濡れて、変な臭いがしてくるあの感じ、それもよくわかる。

 じっと見つめていると危険だ。
 こちらが切なくなってくる。
スポンサードリンク

 とてもイイ! 女性にはこのよさは分からないだろう。


 この人は余裕があるからなのか、髪型も何も変えなかった。

 胸も小さく、華奢で小さく、スタイルもたいしていいとは言えないのだが、どこかエロチックなものがあった。

 「寝てみたい」それ以上の何かを感じさせるものがあった。この人の類まれな才能だと思う。


 今は結婚して、どうやら胸も大きくしたらしい。
 幸せでいて欲しいと思う。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!