<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  広告デザインや広告戦略を評論し、古い広告を見ながら感じたこともお話していています。 昭和の思い出の広告、その振り返りのこと。 記事は随時更新です。

2020年04月

ブロンドとバスローブ

ブロンドとバスローブ


 モノクロの広告。ブロンドであることがより強くわかる。

 モノクロにはそれだけの訴求力がある。


 女性が「彼の香り」と香水のビンを嗅いでいる。

 前夜に同衾した相手はもう出かけてしまったのか。遅く起きた女がシャワーを浴びて、昨晩の出来事を思い出しているのか。

 バスローブも大きめ。包まれるようにブロンドの華奢な体が少し見える。

 ロマンスの残り香のように、香水の瓶を女が見つけたのだ。


 とまあ、こういうエピソードなのだろうが、残念ながら売り物は香水だ。

 このブログは日本人には香水は向いていないという立場だ。

 なんとか日本人に香水を売ろうとした、その努力は買うが、もはや失敗、もともとは売れないはずのものだったのだ。

 広告は悪くはないが。


 今でも勘違いしたオヤジなんかが臭いをさせている。犬は臭いが見えるようにたどれるというが、そんな感じでさっきまでオヤジがどう歩いていたのかなんて分かってしまうぐらい臭いがしていることがある。

 古臭い臭いだ。オヤジ臭だが、コロンも少し混じっていたりするから気持ちが悪い(笑)。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします! 
 

桃井かおり

桃井かおり


 桃井かおり、個性派として注目され、「いい女」ともされた。

 首肯できないと思った男性も多かったろうが、ともかく彼女はその評価を得ていた。


 それから長く女優業をし、女性の魅力というものは何も顔かたちばかりではないことを証明した。


 その声も、しぐさも、すべてに個性と呼べる特徴があって、唯一無二のものがあると言えた。

 彼女の存在感は大きかった。
 今、こういう女優がいなくなったことが日本の映画をつまらなくさせている。


 父上は名高い国防の研究者だ。

 桃井も今、おかしくなった日本に警鐘を鳴らす役割を果たそうとしている。


 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!
 
ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk