<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  広告デザインや広告戦略を評論し、古い広告を見ながら感じたこともお話していています。 昭和の思い出の広告、その振り返りのこと。 記事は随時更新です。

2020年03月

志村けん死去とベータマックス


ベータマックス

 
 昭和がまた逝った。
 それが特に、コロナウィルスという特別なこの時代の変わり目であったことは特に記憶に刻まれてもいいかも知れない。
 

 戦後をまたいだ昭和という時代、その混沌とした時代は多くのものを生んだ。

 それは間違ったり、負けたり、淘汰されたもののにとっての歴史でもある。
 かろうじて生き残ってきたものでさえ、やがては終末を迎える。
 すべてが森羅万象のことわり、同じことだ。


 このコロナウィルスという新しいものに立ち向かう人々は、かつてと同じように多くを切り捨て、打ち克つことだろう。今の我々がそれを信じられないでどうする。


 ベータマックス。
 ベータとVHSの争いはいちがいに規格競争といわれることが多いが、 その実態は品質の争いだった。

 単に質をブランドや覇権が凌駕したに過ぎない。

 その証拠に、いつまでも画質がベータにVHSは劣ると言われたものだから、その後になって、S-VHSなどいくつもの規格の改良が行われた。
 もしやることがあったとしたら、規格の改良やバージョンを上げることよりも、もっと利用法、水道のようなインフラにさせることだったろう。
 やがてこれもデジタルの波に呑まれていった。

 品質とは進化ということ。
 我々はその進化に適応してゆかねばならない。コロナへの適応ももはや現実のものとなりつつあるのではないか。


 戦いに疲れた者には休息が訪れる。
 死は永遠の休息だ。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!
 

旅先にドライヤーを持ってゆく

出張先のホテル


 ヘアドライヤーなんてわざわざ「ヘア」と言ってしまうところに昭和を感じてしまう。

 新大阪なんて言っているから、まだ新幹線での出張は珍しかった頃か。

 夜行で大阪に行くとか、そんなに急がない出張の時代が終わって、スピードの時代になっていった。
 慌しく移動する時代へ移り始めた頃。


 夜に新幹線で到着して、体の汗をシャワーで流したら夜の街に繰り出すのだ。

 この頃は新幹線でも座席で喫煙をしていたはずだ。確かにシャワーで髪を洗い流す必要があった。

 「ひと風呂」と言っているが、これも昭和の言い方だ。

 昔はシャワーであっても「ひと風呂」と言った。
 何も大浴場に行ってのんびり浸かるわけではない。
 窓から見える夜景もそんなホテルを思わせる。



 もしかしたら、夜こそが出張の仕事の目的かも知れないが、ドライヤーをかけて身だしなみを整えて出かけるというわけ。

 「ひと風呂浴びて、出かけるか。」とある。
 遊びなら「さて、ひと風呂浴びて、出かけようか。」とするだろう。

 ニュアンスがないので、遊びなのか夜の接待の仕事なのかははっきりしない。


 
 ちょっと前からドライヤーは髪が痛むと、水気を拭き取るだけになったが、実は地肌は乾燥させた方がよく、ドライヤーは使ったほうがいいらしい。

 それでもわざわざ出張先にドライヤーは持ってゆかなくていいだろう。今はどこでも備え付けがある。

 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします! 
 
ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk