<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  本家ブログからコンテンツを切り離して運営しているものです。  広告デザインを評論したり、古い広告を見ながら感じたことをお話していています。 昭和の思い出と振り返り、記事は随時更新です。   広告写真はクリックすると別ウィンドウで拡大できます。

2020年01月

ドイツの傲慢さ



BMW


 普通・・・。
 その傲慢さが普通なのか。まるで言葉もない。

 今の時代だから仕方ないのか、ドイツ人の傲慢さをこんな広告からも感じてしまう。

 品質がプライドであり、それが信じられてきた時代。嘘とバレてしまえば、すっかりくたびれた広告に感じてしまう。

 やはり 広告だけでは無理があるのだ。
 企業として正しくなければ心は動かせない。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします! 
 

腕時計の広告になぜ女の脚なのか


女の脚

 
 とても女性が美しいと思えてくる広告。いい脚だ。
 いつまでも見ていたくなるほど。

 腕時計をしたその手首に目がいくのと、女性の足首に目がいくのは似ているかも知れない。

 そんな着目点がこの広告にはあると思う。


 オンナの美しい脚線、下の方へ目をやるとキュッと締まった足首。そこを男性の手が隠している。
 写真もなかなか考えたものだ。





 なぜせっかくの脚を見せて、足首を見せないのか、男の手、そして手元の時計を見せるからだ。

 男性雑誌の広告だから、こういうセクシーな感じになるのは仕方がないが、いいところを突いている。


 要するに、女性の足首を男性諸氏が見るのと同じように、女性もまたその無骨な手の腕元に時計が光っているのを見ているのだ、と、そんなこと。
 だからこのお洒落な時計はどうですか、と。
 そんなことを訴えている。

 
 まあ、実際に追っかけているとは言ってもオンナの足首をこんな風に掴んだらアザになる。青くなったりもする。 女性はそのぐらい柔らかいものだ。
 注意が必要だ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!