<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  本家ブログからコンテンツを切り離して運営しているものです。  広告デザインを評論したり、古い広告を見ながら感じたことをお話していています。 昭和の思い出と振り返り、記事は随時更新です。   広告写真はクリックすると別ウィンドウで拡大できます。

2019年11月

グアム島

Save0044

 アメリカ合衆国自治領 だっけか。「ガム」とか言われたりしていた。日本名は大宮島。
 日本が領土としていたことがあったのだ。 

 行ったことはない。
 物価が高くてカネばかりかかるようなイメージがある。その点はハワイと同じ。



 なんか自治と主権、アメリカとしての権利とやらでやり始めたと聞いている。
 自治領としての権利を改めよと合衆国に迫っているという話だった。


 その前にも脚光が当たった。北のミサイル実験でだった。
 北朝鮮のミサイル実験が問題になった頃、現実に北朝鮮からの攻撃が想定され始めた。
  アメリカ軍の基地もあるし、北朝鮮ミサイルに大陸を横断する能力がないってのなら攻撃対象としてはグアムが狙われるんじゃないかという話になっていた。

 慰めのつもりかトランプはこのグアムに言及した。




 「それだけ世界から注目されているんだと考えてはどうか(笑)」などと、知事だかそこの首長にトランプが言ったとか。
 まあ、発言は馬鹿だが面白い。かわいいものだ。
 もちろん誰も怒らなかった。 
 トランプも安倍と同じぐらいのフェイクなマスコミの攻撃に晒されている。
 多額の中国資本がアメリカメディアに入り込んでいる状態だ。

 現実問題としては北の攻撃の可能性は薄かったと後になり判明する。
 むしろ北はアメリカの本気を知ることになった。

 まだまだ続きそうだ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします! 
 

ダンヒルのライターと

ダンヒル


 ダウングレード営業中。 どうにもアクセスがなくて残念な感じ。
 記事も増えてきたので、どうか過去記事も掘ってお楽しみいただきたい。

 

  暫くダンヒルを吸っていたことがあった。
 「伊達男」とか、「お洒落」を気取っていたわけではない。
 この煙草にそういう印象があるのは否定しないけど。

 俺の場合、乞食根性だけで、たっぷりと免税で買い込んだというだけだ。免税だから格安だ。
 ならば同じぐらいの値段ならと一番高そうに見えるものを買った。
 こんなものを吸いやがってと、きっと嫌味に見えたことだろう。


 その時、ライターもダンヒルを持っていて、死んだ父の遺品からチョロまかしたものだった。そのダンヒルのライターとオソロの煙草だからいいじゃないかというのもあった。





 ダンヒルの煙草の味は葉巻のような強い香りのするもので、今で言えば紙臭い。立ち昇る煙はあまり目に染みることがない。品のよい煙草だ。
 少なくともワイルドな味わいではない。ダンヒルというのは確かにそんな煙草だ。
 この広告には偽りはないと思う。


 で、パリの街角、シャンゼリゼから外れたオペラ座のあたりだったと思う。ある日、そこを通りかかったら、ダンヒルの店構えが目に付いた。
 
 その時の自分の持っているダンヒルは火打ち石を格納する場所のラッチが折れてしまっていた。使うのに支障はないが、折れてしまっていることが何か残念で、前から惜しい気がしていて心残りがあった。
 何気なしに店に入ってみる。
 背の高い細長い重苦しい扉を押して入ると人気のいない店内で、ディスプレイもなにもありゃしない。
 大理石の涼しげで冷たい壁と床、殺風景な店内がそこにあった。そこには店に店員がひとりだけ。
 
 確かその男はインド系だったように思う。
 インド系にしては珍しく作り笑いをしない店員だった。

 俺は彼に話しかけ、壊れてしまったラッチの話をして、持っている自分のライターを見せてみた。
 ふんふんとわかったようなわからないような、なにやら怪しく聞いていたその店員は、ちょっと待っててくれと思い出したように言い、寄越せと言ってライターとともに奥に引っ込んだ。

 ほどなくしてエプロンをした職人と一緒に出てきて、そいつらは自慢げな表情をして俺にライターを返した。
 見ると、わずかの時間で修理し、爪の折れた火打ち石のラッチごと小さな部品を交換してくれたのだった。
 俺が驚いた顔をすると、いかにもプライドが満ちてゆくように二人の顔は上気していった。


 乞食根性の俺は、もしや有料ではなかったかといぶかった。
 とまどった演技をしてみせたが、そんなことは心配しなくていいとジェスチャーで返した。向こうは余裕たっぷりに穏やかにしている。
 そして、こんなことはお安い御用だ、お構いなしだとばかりに俺に手を振って別れを向こうから告げたものだ。
 さあ、もう行っていいぞ。
 俺はそっとその店を立ち去った。

 お代はタダ。修理代は無料だった。
 これが正常なサポートだったのかどうか、未だに知らない。


 こんな経験がなぜかいくつかあった。
 だからなのか、俺もブランドというモノに少し弱いところがある。

 ちなみにダンヒルはロンドンに本社がある。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!