<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  広告デザインや広告戦略を評論し、古い広告を見ながら感じたこともお話していています。 昭和の思い出の広告、その振り返りのこと。 記事は随時更新です。

2019年08月

バーボンの宣伝にしては軽い感じ

エイシェントエイジ 
 これも音楽系の広告と言えるかも知れない。

 写っているのは当時有名な連中だったと思う。
 フュージョン系とか、そんなのだったと思う。

 誰だったか。



 バーボンは体がピリっとする。仕事の前に少し飲んだらいいwww>

 さしずめ日本なら「喝入れ」ってやつだ。
 厳しい男に合う酒だ。
 
 オトナのつもりでも自分はどこかでまだガキだと思っていて、その一方で残忍な時間というものが、すっかり修羅場と緊張がわかるようになったことを教えてくれる。厳しい日常、非常時で生き残ることなど実は大事じゃないのに、そうして強くなってしまうと戻れない。

  そんなことで生き残ろうとするより、きっとハッピーで色んな進路を勝手気ままに選んでゆけることの方が大事かも知れない。
 穏やかに生きることの方が大事なんだろう。

 強張りを解け。
 バーボンは男を知らせる酒だ。





 こんな広告のように、ハッピーなまま仲間うちでバーボンを味わえるってなら、それはきっとしあわせなことなんだろう。
 なんか違うと感じるのはこちらのせいなのか。




この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!





 

ベスパの広告はイタリアン的な自由を垣間見せる

ベスパ

ベスパへの「無償の愛」貫くパキスタンの愛好家たち


 ちょっと前の記事。今でも記事リンクは生きていた。
 パキスタンの人たちにもベスパ好きがいるというもの。遥かかなたでも。こんな広告に動かされたんだろうか。

 
 しかし賭けてもいい。日本じゃベスパのタイヤを替えたことがあるオーナーなんてそうはいないだろう。あのボディに標準搭載してるタイヤを道でパンクして自分で交換した人っているだろうか。
 
 ベスパのシートはビニールのくせになんだかいつもシートが濡れてしまう記憶がある。
 シートの下に詰めてあるスポンジがいつの間に水を吸ってしまい、古くなるとカバカバになった。
 今はスクーターに乗っているヒトが多くなった。ベスパもまた人気が復活するのだろうか。


 この広告写真のようにイタリアの女性は体つきが華奢だ。
 腕を組んだりする方が抱き寄せるより難しいとわかったのはずっと後になってからのこと。腕が長くて持て余すから。細くてなんだかとってもイタリアン。カッペリーニだね(笑)。
 
 昔はこのスパッツ姿なんか鮮烈だったろう。とてもエロチックに見え、どこからしらスノッブにさえ思えたというのが想像できる。
 写真の構図というのはとても大事だと分かる。
 普通の写真じゃない。広告写真だ。だから伝えたいこと、雰囲気が出ないといけない。
 だからフォトとは違うんだよね。当たり前なんだろうけど。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk