cd2f6245
   


 長いこと誤解していたが、このジンのブランド名は正確には「ビーフィーター」じゃなかった。

 とんだ赤っ恥だ(笑)。

 しかしこれまで、ずっとそのメッキは剥がれたことがなかった。

 つまり私はカッコよくこのジンの名前を読んでいたのだった。


 正しくは、「ビーフ・イーター」。つまり「肉食い」というのがブランド名だ。

 「肉をツマミにジンを呑め」、ということなんだろう(笑)。


 私はどちらかというとゴードン・ドライジンが好きだったから、このブランドはあまり呑まなかったが、このブランドはマティーニにはとても合うと思っていた。


 ゴードンならジントニック、ギムレット、ジンライムか(笑)。

 ジンなんてどれも似たようなものだと思っても、それなりの使い分けというのはないわけではない。





 それにしても、改めて思うと驚く。

 そんなクールでないブランド名だったとは、いかにも残念だ。

 マティーニと肉。シュラスコでも食ってマティーニということなんだろうか。

 あまりそんなシーンの想像はつかない。


 「肉食いなんて、そんな風には読みたくない」、私自身のどこかにそういう抵抗があったのか、私は昔から「ビーフィーター・ジン」と読んでいたのだった。


 スコティッシュの衣装をまとったキャラクターが瓶に描かれて、それで「肉を食うための酒」なんて、なんだか洗練されてなくていかにも「野蛮人」という感じがする。

 ボトルのイラストから想像されるイギリス紳士とは程遠い。

 ちょっと幻滅してしまう(笑)。


 「ビーフィーター」でも英国人相手ならそれで発音は通じたものだが、意味を考えればまるで分からなくなってしまうだろう。

 それでも、こういうブランドはあくまで受け止め方だから正解はないのだが。





 「酒の味が分かるようになったら人生下り坂だ」、なんて言う奴がいる。

 じゃあこんな酒、ジンはどうなのかと思う。

 正直、ジンなんかに味なんかありゃしないのだw。

 ・・・こんなことを言うと呑ん平には怒られそうだけど(笑)。
 

 ジンには切れ味しかないと私は思う。

 かすかに香りというかフレーバーというのはある。ゴードンはグレープフルーツ系のフレーバがある。

 これはかすかなミント系か、さっぱりしたフレーバーがある。


 しかしジンの味なんてせいぜいそのぐらいだ。


 つまりコクとか旨味なんてものはない。それは決して「味」とは言えないはずなのだ。

 スコッチやバーボンとは違う。 あるいは日本酒とか。

 そういう酒ならいざしらず、こういう強烈な度数の高いアルコールは味よりも口当たり、いわば喉越しではないかと思う。


 ジンともなればその口当たりすらあまり区別がつかないのかも知れない。




 だから、ジンなんてカクテルで売られることが多いし「スピリッツ」なんて言って売られる。

 スピリッツとは蒸留してその魂=スピリットだけを取り出した酒ということだ。

 だから味やテイストなんてものはない。


 サントりーという会社はそういうことに早くから気がついた会社だった。ジンなんて蒸留酒じゃないか、と。

 そして昭和の時代にはサントりーはオリジナルブランドのジンを売っていたものだ。


 実際、安いBarに行くと、決まって作ってくれるカクテルはみんなサントりーを使ったものだった。

 しかしあまり売れなかったようだ。





 味気のないもの、もしそれを訴求するとしたらそこは雰囲気しかない。

 だから広告の出番というわけだ。


 サントりーのオリジナル・ブランドのジンにはその雰囲気がまるでなかった。

 安いだけ、無味乾燥の業務用、パッケージにもボトルにも工夫はない。

 どうせ同じじゃないかと言われればそれまでだが、ムードなんかありゃしなかった。

 広告も打たれることはなく、ほとんど手を出した覚えがない。


 こうして考えれば、広告とともに味わう酒がジンであったのだと言えまいか。


 この広告のようにボトルに汗をかかせ透明度の高い広告写真にする。

 独り酒のハードボイルドな雰囲気。

 そうして、酒を呑むスタイルを売る方が、味気ないメチルアルコールみたいなものよりずっと雰囲気があるというわけだ。


 自分は酒飲みだからつくづく思うのだが、振り返れば長らくそんなイメージでこの「ビーフィーター」というブランドを見てきた。

 スコテッシュのブランドの透明な雰囲気。

 透明さに隠されたダンディズム。肉などにむしゃぶりつきたながら呑んだりしない(笑)。





 どんな時に呑みたいか、どんな気分で呑むのか。

 「孤独な男の気付け薬」、それがジンだと私は思う。

 「酒」なんていわば嗜むもので、深く味わったり舌鼓を打つものでもない。


 それが今や時代も変わった。

 人と集まって呑むことも多くなったし、酒は盛り上がりのための道具に使われるようになった。

 なにしろ独りの酒呑み、そんな時間が避けられるようになったのが現代だ。


 沈思黙考したり、独りで酒を呑むことすら、他人からすれば「寂しい」なんて言われる始末ww。

 もっとこんなブランドが頑張って、男らしい孤独の酒、酒の効能をアピールしてくれていたらどうなっていたか、などと夢想したりもする。 




 広告には社会的メッセージが含まれている。

 意図しようがしなかろうが、社会の一員たる個人はマスなメディアからそうしたメッセージを受け止める。

 広告はそんな風に商品の印象を人々に刷り込ませてきた。

 人々はそれに影響されてライフスタイルを作ったりした。

 それがかつての「消費社会」というものだった。


 メディアというものがまだ拡散していず、集中した時代であった頃、そんなメディアに影響される人々を「一億総白痴化」などと揶揄した評論家もいた。

 今はそうしたものはない。あくまでそれぞれの受け止め方でしかない。

 だから、ジンにまつわる男の孤独な時間とか、ジンを呑みつつ過去を振り返る安らぐひと時など、そんなものを広告で共有してもらおうとしても難しい。

 そんな場面を描いてもあまり強烈な印象を残すことはないのかも知れない。


 かつてはマスから個への発信であったのに対し、今はマスからマスへの発信だ。今の個というのはあくまで個がマスであり、マスとして受け止める「群れ」でしかない。


 今なら、せいぜい「盛り上がろうぜ、ジン!令和の仲間だ!」、なんてやった方がずっと売れることだろうwww。

 広告もまた時代とともに変質するのだ。