<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 
  【人気記事】 先月の人気記事20をご紹介。

カーステレオ・コンポーネント

Save0042
 この製品はカーステレオだが、こうしたものを当時はコンポーネントなどと言った。

 それはスピーカーを組み合わせたりするという意味でもあったが、この製品はひとつで多機能を実現したということでそう称したようだ。


 そのことを除いても、カーステレオ・コンポーネントとは、要はクルマの標準装備のラジオを交換してグレードを上げる商品だ。

 通常装備ではカセットはついていなかったから、この頃はCDはまだない。

 多連装のCDで自動で長々とアルバムを流してくれるようなことはまだ少し先の話だ。


 確かに標準のラジオでは機能が物足りないような気はしただろう。

 中にはクルマには何もついていず、ラジオが選べる「オプション」となっている自動車もあった。


 もちろん、カーラジオは本来、緊急時のクルマの情報源として必須とされていたから、これは例外中の例外で、ラジオを装備しないという選択肢はなかった。




 
 自動車には必ずラジオが装備されている。

 昔の時代は自動車というのは孤立したものだった。

 外部の様子は肉眼でしか知ることが出来ず、外部の情報が途絶した存在だった。


 そのためラジオだけでなく、CB無線、合法のパーソナル無線も利用された。

 そのうち、テレビ、カーナビも登場し、自動車が情報から孤立しているというのは今ではあまり意識されない。

 特に携帯電話が普及した今ではラジオの必要すらないのかも知れない。



 この当時、高速の渋滞情報、事故情報はラジオでなければ分からなかった。

 当時のドライバーには携帯などなかったし、いちいちクルマを停止させて電話ボックスに駆け込むわけにもゆかない。

 ラジオは自動車に必須のものだった。

 このため、日中のラジオ番組は自動車の情報源となることが使命となっていた。


 だから深夜の時間帯、深夜放送がエンターテイメントとして流行した。

 深夜のドライバーは例外的なものとできたからだ。





 この製品の取り付けは、日本では自動車パーツ店に頼んだりディーラーに頼んだものだ。

 標準装備では満足できないドライバーが増えてゆき、こんな製品も当たり前のなってゆく。

 この頃、自動車ディーラーや整備工場以外にパーツ屋が登場して市場を開拓したのも、こんなオプション製品の市場が広がっていたことを反映している。



 自動車のオプションの扱われ方は地域によって様々だ。

 海外、とりわけ欧州ではこの種のカーコンポはスロット式になっていて、するりと着脱できるものが主流だった。


 不用意にクルマを停めておくと、とたんに盗まれてしまうものだから、若い連中は自動車を停止させるとこういう製品は取り外して手にぶら提げてBarなどに出かけた。


 だから、製品には取り外しやすいようにハンドルがついてたりした。


 この製品にはそのハンドルは見当らないから、やはり国内向けの製品なのだろう。

 車上狙いがあまりいない、日本の昔の治安のよさが伺えるところだ。





 この製品はコンパクトに多様な機能を詰め込んだ我が国のお家芸のような製品だ。


 ラジオ、イコライザ、シンセサイザ、メタル対応カセットテープと贅沢だ。


 不思議なことだが、カーコンポでこれだけ小さく作れる技術があったのに、部屋のラジカセにはこれほど小さな製品はなかった。

 カセットにしても、カーコンポはみなこうしたスロット式のカセット機構で、これほどの高級機でなくとも差し込むだけでよいものがほとんどだった。

 ボタンを押せばカセットテープが飛び出す便利なものだった。


 普通のラジカセではこの機構を備えたものはほとんどなかった。



 カー・オプションはなぜか家庭・個人用よりも進んだもの点が多かったが、あくまでカー・オプションの世界に限られた。

 この説明としては、自動車の特性ということがよく言われた。


 自動車の車内は密閉された空間で高い音質を容易に実現できるが、個人の部屋はそうはゆかず、製品には反響のための空間や工夫が必要なのだとされた。

 それは本当だったろうか。 あまり説として説得力はないように思える。


 要は、カー・オプションは高くても売れるが個人用はそうはゆかないという、各メーカーに一致した考え方があったように思う。

 そして要求される製品の寿命もカー・オプションはそれほど長くはない、何十年も同じ車に乗り続ける人はあまりいない。

 だから複雑でぎっしり回路の詰まった壊れやすいものでも製品として作れた。

 そんな理由もあったかも知れない。



オールドスパイスのアフター・シェーブローション

Save0040

 何度か紹介しているブランドだが、「オールドスパイス」というブランドの広告。男性用コロンの会社だ。


 昔から広告写真にしても、このボトルの形状にしても、このブランドはいかにも美味しそうで、飲みたくなってしまった記憶がある。

 ライムの色がその味を想像させてしまう。


 しかしこの当時、まだ一般的には「ライム」という果物は日本でそれほどポピュラーではなかった。

 レモンの輸入などで貿易摩擦があった頃でもある。

 昔はレモンぐらいで、グレープフルーツすら少量しか輸入されなかった。

 オレンジはミカン農家の強い抵抗でいつまでも輸入解禁が引き延ばされた。


 だから男性用コロンの「香り」としてライムを強調しても、当時はそれほど誤解は受けなかったのかも知れない。

 今なら柑橘系のものはチューハイなどですっかり普及しているから、きっと強い抵抗があるだろう。


 「柑橘系は日本人には好まれない」などと今でも言う向きがあるが、そうだとしても現在では柑橘系の果物や外国産果物はごく普通のフルーツとして定着している。






 また、これはオールドスパイスのブランドのラインナップの中でも「アフター・シェーブローション」ということで特に注目される。

 この頃でも髭剃り後にローションをつけるというのは普及してなかったと思うからだ。


 アフター・シェーブローションが新しい男性の生活習慣として根付いていたら、大きく市場開拓ができたはずだったが、今でもドラッグストアなどであまり目立つ存在ではない。

 つまりアフター・シェーブローションという習慣は普及していないということなのだろう。


 髭剃りの後というのは、カミソリを使ってやるとヒリヒリするという。

 顔を洗えば済むと思うし、たいていはその必要を感じない人がほとんどではないか。

 ましてや電気シェーバーを使えば尚更、それはあまり感じないことだと思う。

 事実、女性もうぶ毛を剃っているのだから、もし剃り後の不快感というのが事実なら女性用があってもいいはずなのだ。


 だから「ヒリヒリしてムズムズするから爽快感が欲しくなる」、そんなイメージをまず消費者に働きかけることが必要だったはずだが、あまり啓蒙は進まなかった。




 こういう新しい商品を生活習慣として定着させるのは大変な苦労をする。

 それこそ、最初はタダ同然で配ったりする。

 何でも普及率が30パーセントを越えるとそこからは爆発的に普及するというから、そこを狙う。



 例えば、シャンプーをしたらリンスというのは今では常識だが昔はそれほどのものはなかった。

 シャンプーはよくあったが、リンスという習慣が根付いたのはずっと後のことだ。

 今では男でも髪を洗えばリンスをするのが普通だ。


 


 その点ではコロナにまつわるアルコール消毒というのは異例なほどの急速な普及カーブを描いているはずだ。

 突然にコロナ感染への警鐘とともに普及が加速した。

 今ではスーパーやゲーセン、公共施設、あらゆる場所にアルコール消毒のボトルが設置されている。

 ほとんど誰でも入店時には除菌スプレーを手にかけるのが普通だ。



 それは、コロナ以前から、主にノロウィルス対策としてスーパーにはアルコール除菌のスプレーが設置されるようになっていたことがある。

 ノロウィルス感染は死に至るものではなかったが、激しい下痢や嘔吐と症状に苦しむことで知られる。

 それがあったから、コロナを契機にアルコール除菌が日本全土に広がった下地となった。

 
 我々はコロナ以前からコロナ対策の素地が整っていたと言えるが、それに対して、現在のコロナ対応に関する政府の判断はまるでちぐはぐというのは皮肉としか言いようがない。



ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk