<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 
  【人気記事】 先月の人気記事20をご紹介。

電気シェーバー・フィリップス

Save0071
 電気シェーバーが定着したのはいつぐらいのことだろう。

 開発競争も進んできただろうし、そこには幾多もの変遷があったはずだ。

 つまり電気シェーバーの進化の歴史ということ。

 この広告はそうした当時の苛烈な開発競争を偲ばせるものがある。



 製品には工夫があり考え方が詰まっている。それが製品の訴求力だ。

 いいものが単純に売れた時代であり、今のような宣伝や巧妙な仕掛けが製品のよさを凌駕してしまう時代ではなかった。

 それを考えると羨ましくもある。中味のあった時代のように思えるからだ。




 髭剃りなんて床屋ではないがカミソリでやるのが相場と決まっていたものだ。

 男は歳をとってからこそ髭剃りのありがたみが分かる。

 若い自分はあまり感じないものだ。

 若いと「しつこいヒゲ」なんてことはあまり感じない。自分の男を感じてむしろ頼もしいぐらいだろう。


 ところが、歳をとって自分の人相というものが固まってゆき、人から自分がどう見られるかを分かってくる。

 男が自分の顔に責任を持つようになるのは歳をとってからのことだ。



 そうすると、ヒゲを当てるのはそれほど神経質にならなかった若い頃と違い、歳をとれば身だしなみどころか人格的なものまで問われてしまうと感じるようになる。

 無精ヒゲをメッセージに使ったり、キレイに剃り落としたヒゲをアピールにしたりもする。


 だからヒゲは歳をとればとるほど、その扱いが面倒で厄介なものになってゆくものだ。



 そういえば、最近、このところハリウッドの男優がやたらと無精ヒゲでいるのは、そうした男の「面倒くさい」という気持ちに共感してもらおうということなんだろうと思う。

 男としては多少の無精ヒゲを許してもらいたい、そんな共感に訴えているはずだ。


 しかし彼らはまだまだ若い。

 若いうちから無精ヒゲ、髭面ではしょうがないのだが、ハリウッドはそこまで考えて訴求しているようだ。


 実態としてはそんな無精ヒゲにままの若者なんてあまりいないし、それが認められるわけでもないが、ハリウッドの幻想はそんな無精ヒゲの男たちを量産している。


 そうして、「男ならもっと他のことに気を使おう」と、煽るわけだ。


 だがそれは大きな勘違い。

 スクリーンの男たちの無精ヒゲは伸び続けることは決してないからだ。





 もともと、電気シェーバーというのは、そんな「ヒゲ剃りは面倒だ」という根本的な議論を元にして発達した商品だったと言える。

 そこはなんと言っても電気なのだ。

 見た感じがこれまでのカミソリより格段に簡単に思える。


 しかし、実はそれはまやかしであり誤解かも知れない。

 実際にはカミソリの方が剃りあげの時間も切れ味もまるで違うことだろう。


 よく考えれば、簡単なのはむしろカミソリの方なのだが、電気は見た目が簡単に見える。

 軽く剃れるように思えるのだ。


 結局、電気シェーバーの普及というのは、そういうことを訴求していったというだけかも知れなかった。




 第一、電気シェーバーはメンテナンスも必要だ。

 ヒゲのカスなどすぐに溜まってしまう。


 掃除したりメッシュを交換したりと、意外と不便なのだが、こんな広告を見るとそんなことには気が回らない。

 つい買ってみたくなったのだろう。


 便利で、厄介な男のヒゲを一網打尽に処分できるのだ、と。


 かくも男のヒゲは難しい。




 この広告ではこの商品開発は「頭がいい」ということになっている。

 「頭の差だ」と。露骨で衒学的にさえ思える言い草だ(笑)。


 しかし、世の中、あまり頭がいいと損をするものだ。

 それはこんな時代には言われなかったのだろうか。


 頭のよさなど意味はない。人は思い込みによって動く。

 こだわりに縛られてしまう。

 頭がいい人間ほど辿り着いた結論は強固で、なかなか転換することが出来ない。


 考えてみれば、電気シェーバーというものもそんな固定観念を植えつけようとその隙を突いたものだったかも知れないが。



黒の時計を訴求する


Save0072
 少しゲイっぽい感じの写真だ。

 黒にタートルネックというところがゲイだ。

 今ならLGBTとか言われているからいいんだろうが、当時としてはどうだったのか。


 男が三人というところも、まさにゲイという感じがする。

 二人のカップル、そしてその関係を理解する第三者、そんな暗示があると言えるから。

 必ずそんな構図になるのは、彼らが少し違うというイメージから。彼らには理解者が必要だ。


 しかし今よりもずっと自然な感じは受ける。誰しも生きてる、そんな感じがする。

 そう思うと昨今の風潮にはちょっと違和感を覚える。

 いちいちゲイの存在感を声高に押し付けられるこちらの身にもなってもらいたい。

 そんな他人のプライベートなことなど誰も知りたくもないのだ。


 我々は誰でも個人的な嗜好というのはあるが、それを強く主張されても困るのだ。






  人工皮革の黒、それならナイロンのベルトの方が今風だろう。

 いかにもそのバンドの黒が安っぽい感じになってしまっている。

 漆の漆黒でもよかったかも知れない。


 訴求しているのは色だ。

 黒なんてどうでしょう、というわけ。

 ストレート過ぎて微笑ましい。


 ファッションのひとつとして色というスタイルを提案するなんて、時計ブランドとしては斬新だったのかも知れない。



 写真としては黒に白っぽい男の顔で、まるで生首でも浮かんでいるように見えなくもないが、それは、言っちゃいけないことかww。





 今はすっかり時計をしなくなった。

 誰もがスマホやパソコンで時間を知ることが出来る。

 それに時刻はあらゆるところに表示されている。

 みんな時間に縛られることに飽きてしまった気がしないでもない。


 今は時間よりもスピードと能率の時代だ。矢継ぎ早に仕事を片付け、応答もする。LINEでつながっている。

 スピードについてゆけない連中に限って昔のように「時間厳守」なんて言うが、そんな連中の仕事の能率は悪い。



 ちょっと前、みなが外の時計に依存するようになってきた頃のこと。

 それでは困ると、商店街から軒並み時計を撤去した場所があったと聞く。

 腕時計を買ってくれないから困るなんてものではなくて、時刻にズレがあると困るとか、商店街の他のサービスに集中してもらえないなどが理由だった。

 聞いた時はなかなか面白い社会実験だと思った。 しかしその後どうなったのかは知らない。


 きっとあまり変化が見られなかったのだろう。




 この先、時計の復権はあるのだろうか。

 例えばPCはタイムサーバーに問い合わせて常に正確な時刻を表示している。

 それはこれまでの時計ではありえなかったほど正確さを実感するものだ。

 我々はファイルの更新時刻を気にするようになった。昔は書類がいつ作られたかなんて気にもされなかったはずだ。

 昔にも増して、正確さと的確さが仕事に求められるようになった。


 だが反面、それは「自分の時間」ではない。あくまでタイムサーバーやグリニッジ標準時でしかない。

 自分が管理している時間ではないのだ。あくまでパソコン内部で管理されている時間だ。



 腕の時計なら、それは自分で管理する自分の時間だ。どこにも依存はしていない。

 そういう「時間を自分で管理している」という感覚は他では得られない。

 だから一人前なのだ、昔はそんな感じだった。

 少年や青年が初めての腕時計に鼻高々だったものだ。


 これからまた時計の立場が見直されるとすれば、昔のそんな価値感を掘り起こすことだろうか。


ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk