<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  広告デザインや広告戦略を評論し、古い広告を見ながら感じたこともお話していています。 昭和の思い出の広告、その振り返りのこと。 記事は随時更新です。

  【広告写真】 広告写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。

プレイボーイと言うブランドを借りて

Save0044




 プレイボーイと言うブランドは様々な形になった。


 この当時、こういう、どこかのブランドを借りてきて製品を売るというやり方はまだケースとしては稀だったはずだ。


 もしかしたら、こうしたブランド自体を販売するようになる「パテント商売」というのは、このプレイボーイがハシリだったかも知れない。


 スエターやマグ、ノートなど、様々な商品にプレイボーイのウサギ(バニー)のロゴが印刷され、商品になったものだ。


 そんな風にブランドマークが流用され、色んな有名ブランドのロゴが踊った時代というのがあった。

 タバコのキャメル、スコッチのジョニーウォーカー、ポルシェ、スマイリーマーク、スヌーピー。などなど。




 いったい、これを当時買った人々というのは、どういう気持ちで買っていたのか。


 もちろん、当時でもプレイボーイ誌の硬派なところというのは注目されていなかったから、「プレイボーイのバニー」というのは単にエロ雑誌という感じのイメージだったろう。


 実は、そのジャーナリズム精神溢れる記事やルポルタージュなど、プレイボーイ誌というのは世間的なイメージよりもずっと硬派の雑誌だった。

 それがセンターフォールドを飾る女性たちのヌードのイメージが強かったばかりに、プレイボーイのロゴは間違った印象で受け入れられた。


 それはそのまま、名前の通りの「プレイボーイ」。
 軟派な「ジゴロ風の男」のイメージだ。


 だから、まるで「私は女性が好き」とでも言うようなメッセージになるとして、みながこのブランドが刻印された製品を買っていたのだと思う。

 人々は使いやすいツールを求める。

 女性との出逢いを求める男なら、そうして好んでプレイボーイのロゴを身につけた。




 例えば「サンリオ」という日本の会社は、世界でも人気のある「キティちゃん」というブランドを持っている。


 この会社はバブルの頃、会社の事業そっちのけで株式投資に血道をあげたことで有名になる。

 その利益は事業収入をさえ越え、投資収益は莫大なものになった。


 だがバブルが崩壊してその投資行動が曲がり始め、転落を始める。



 やがてサンリオはこうした投資行動を止め、事業に専念すると宣言する。

 「株式投資から手を引く」、そうサンリオは宣言した。


 そうして彼らはキティちゃんのキャラクターを世界中に売り始めた。

 今や「キティちゃん」は日本で最も露出の多いキャラクターだと言われる。



 金を出せば「キティちゃん」はどんな商品やサービスのキャラクターにも使うことが許される。



 プレイボーイも同じように、その帝国の凋落とともにブランドの販売にチカラを入れ始め、現在はなんとか持ち直した。

 プレイボーイ・バニーを売った。

 それは、創業者であるヒュー・ヘフナーの娘の才覚が大きかったということが言われている。





 ブランドというものは本来ならその商品の価値だった。

 商品そのものだった。


 しかしその商品のイメージが確立すると、ブランドそのものが一人歩きを始める。


 いいオンナのイメージ、伊達男のイメージ、洒脱、洗練、実直、などなどw。

 やがてそのブランドのロゴや存在、それ自体が社会的に何らかのメッセージを持つようになる。


 プレイボーイのロゴがこうして使われたことを考えることは、我々の社会における「記号化」というものをよく現しているのだと思う。


 世界は記号によって彩られている。




べスパの広告

Save0050


 べスパの広告。

 日本でべスパが最初に知られるようになったのはヘプバーンの映画「ローマの休日」だろうか。

 その昔、イタリアは工業化に成功し、産業を誇っていた。


 二人乗りでローマの街をドライブする、そのキュートで恋の予感はスクーターの軽快さと相俟ってココロをくすぐったものだ。



 そして日本で、最終的にべスパが最もポピュラーになったキッカケと言えばやはり松田勇作だろう。

 これは断言していいw。


 「太陽に吠えろ」のアクションスターからちょっとコミカルなテレビドラマへと役柄の幅を変えた、「探偵物語」というテレビドラマは大いにヒットした。

 そのドラマで松田が乗り回していたのがべスパだ。


 あれで日本中にべスパ旋風が吹きw、スクーター市場を大いに深耕したと言える。




 かつて免許制度が変わり、「原動機付き自転車」などというカテゴリーが作られ、手軽なエンジンつき乗り物が解禁された。

 本田のカブのような商用バイクからご家庭の便利な足へと普及が期待された。


 しかしせいぜい、「ヤマハ・パッソル」のようなもの、手軽さばかりを強調したものしかなかった。

 遠慮がちに自転車に毛が生えたようなデザインにして、二人乗りをするなど考えようもなかったものだった。


 松田勇作のべスパによってスクーターが市民権を得て、みながスクーターに乗るようになったのはそれからだろう。


 それこそ「スクーター・ブーム」のような時代さえあり、斬新なデザインや高性能のものも売られるようになった。

 街中はスクーターで溢れたものだ。


 今は、アニメの「アキラ」に登場したような大型なスクーターが若者たちの間で人気が続いている。





 それにしても、この広告では分からないがべスパの座席後部にあるタイヤは飾りではない。

 イタリアは山も多く、砂利や固い石ころが多いからパンクはすぐする。

 だから予備のタイヤは必須なのだが、日本であの予備のタイヤを交換した人はいないだろうw。



 日本のバイクメーカーからはべスパから予備タイヤを取り去って、同じコンセプト、似たようなデザインにしたものも多く作られた。

 すなわち、「風防がボディと一体化している」というところ。

 オリジナルのべスパから日本風に洗練されたデザインにしたものだ。


 ここには発想の飛躍が必要で、スピードを出すものをわざわざ風を止めては遅くなる。

 だから乗り物は流線型でなければいけないというのは先入観でしかない。


 こうしてべスパの広告見ると、懐古趣味以上にべスパと言うオリジナルなものの魅力を感じずにはおれない。

 イタリアン・デザインなどと、家具やコーヒーマシーンまで色んなものが持て囃された時期もある。




 広告は水着の女性が二人。

 水着姿のままべスパで海辺に乗りつけたというイメージだろうか。

 イタリアは恋の国でもある。

 女性たちはフランス人よりもずっとスタイルがいい。

 軽いアバンチュール、暑い陽射しの南イタリアは地中海へと突き出している。

 ひと夏の恋、「ローマの休日」そのものだ。



 だからよほど松田勇作のドラマで使われたことの方が訴求力があったということだろう。

 この頃はべスパを売るのに苦労していた時期だろう。


 死んだ松田勇作はザイニチ朝鮮人だったが、その息子はもっとその血が分かりやすい。

 演技も上手で、なかなかのものだと思って見たことがあるw。

 「朝鮮人らしさ」というのを隠さず、ちゃんと出していて、むしろ今の連中より逆にすっきりと見れる。

 
ブログ村プロフィール
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
toremaga_80_15_1_blk