ブランド

 よく知らないブランドだ。
 ブランド価値の確立に失敗したということなんだろうか。
 少なくとも俺は知らない。


 こういう広告でブランド価値を高めてゆくというのはとても難しい。

・当然のようなフリをして、昔からあった権威のあるブランドのようにする手法があるが、この広告はそれだ。
 「知らないの?」と、一種の同調圧力になったりもする。

・先に販売の実績を積み上げてゆくことが難しい場合がある。例えば服のブランドではそれが難しい。だから、有名人に着せたりして知名度を上げてゆく方法がある。

・市場価値があると一方的に認知させる方法もある。
 懸賞商品として拠出し、求められるものという価値を築く。値段を周知させる。
 価値があることが価値とされブランドの価値を上げる。


・広告ではないが、宣伝にからめて記事を作り説明をしてやり、ストーリーをつなげ、そのブランドのイメージを作って価値を創出するという方法もある。
 今の日本ではこれが非常に多い。

 今はネットの時代、情報が溢れているから、内容の薄いものでは飛びついてくれなくなった。
 記事が乱造され、時には嘘すら飛び交うようになった。

 ブランド価値を作る方法も時代とともに変わっている。


 このブログもある意味では運営がされている。
 クリックやお買い物をスポンサー広告からしていただけると幸いです(笑)。

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!