<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  前から続けてきた本家ブログからコンテンツを切り離すことにしました。  広告デザインを評論したり、古い広告を見ながら感じたことを書いています。 昭和の思い出と振り返り、記事は最新の更新です。   広告写真はクリックすると別ウィンドウで拡大できます。

懐かしい広告

ウォークマン、産業史はもっと公正であるべきだ

DSCF1830


  ソニーの「ウォークマン」という革命的な製品の発売によって、世の中の生活は確実に変わった。
 それは厳然とした事実だ。

 「音楽を身につける」 、「音楽を聞きながら歩く」というのは、我々のライフスタイルにとって革命といってよいほどのインパクトがあったことだと思う。


 「音楽を聴いているから聞こえなかった」、ちょっと古い人ならこの感覚はなかなか馴染めないに違いない。

 音楽や騒音はそこに包まれるもので、我々が手元に持つものではない。

 全てが変わった。



 しかし、あまりこの革命性が強調されないのは、日本のメーカーが激しくシノギを削っていたという産業競争の事情というものがあるのだと思う。

 もちろん、日本はそういう競争によって成長することができたというのはある。

 それが悪かったわけではない。


 製品名称も、ウォーク・マンは「マン」だから、これに対抗する相手は「ボーイ」というわけだ。

 ちなみに、なぜか「テレコガール」とか「カセットギャル」みたいなものはなかった。

 最近の議論で言えば、この当時はまだ男性主導の社会、女性参画が限られていた時代だったと言えるだろうか。
 笑止w。そんなことはないだろう(笑)。


 そういう今の言葉狩りがあるなら、今ならどうだろうか、「カセット人」か(笑)。



 言いたいことは産業史におけるこうした製品の扱いについてだ。


 例えばT型フォードの発売やエジソンの電球。ウィンチェスター銃。
 あるいは近年ならバイアグラであってもいい。

 そうした産業史に名を残す製品というのは、みなそれほどの競合がなかったものだと言える。

 激しい競争の中、同種の製品や商品が各社混在して競合したものというのは、いくらその革命的な生活の変化、そこにいかに人々の暮らしに大きく与えた影響があったとしても、産業史のマイルストーンとして取り沙汰されることはない。

 タイプライターの革新性を言われることはない。
 いっそそれならグーテンベルクをというわけだ。


 きっと世間は、こういう製品については単に「時代の潮流」として片付けてしまうからなのだろう。


 同じようにパソコンもそうだった。
 ウィンドウズやアップルコンピュータも、あくまでコンピューティングの時代の潮流の中にいたというだけなのだろう。





 確かに彼らはみな、何かの社会変革を成し遂げた者の称号を得ようとして活動し、製品を世に送り出していたわけではない。

 しかし「時代史」ということを考えるとき、そういう競合の激しいものがそれ故に度外視されるということは、その基準に何か不公平なものを感じてしまうのだ。


 ノーベル賞やアカデミー賞のような、何か公正でないものを感じてしまうのだ。

 産業史研究という分野、技術史という分野には何か違うものを感じざるわけにはゆかない。


 それとも、こういう考えは、単なる郷愁的なだけなのだろうか。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします! 
 

テクニクス、ブルドックのイラスト

DSCF1701


  昭和という時代を知る人なら、このブルドックのイラストを見てピンと来る人は多いと思う。

 このイラストレーターの名前は知らないが、なぜかこのブルドックのイラストには覚えがある。

 これと似たようなものがやたらと氾濫した記憶がある。

 「テクニクス」だけのものではなかったように思う。



 これとは別のものだが、アメリカから版権が輸入されたようなイラストがあって、同じタッチで擬人化されたブルドックが描かれ、ビリヤードをやっているというのがあった。

 あちらはつとに有名だ。

 昭和の時代には、あちこちの街角や駅の横などで露天商がポスターを売っていたものだ。

 だが、このイラストはそれと似た雰囲気ではあるが違う。

 キャラクター的な描かれ方をしているように見えるから、コマーシャル系の作家なのだろう。


 ブルドックのかぶるコック帽に描かれている精緻なシワは、どこかリアルさを追求しているようだが、全体としてリアリズム調というのでもない。

 もちろんコミック的でもない。

 どこか日本の漫画とは違う、洋風なセンスがある。
 とてもアメリカンな感じがする。



 この昭和の頃、すでに日本は「漫画文化」というのもが隆盛を極めていた。

 「いい年をした大人が漫画など読んで」などと、世間で苦言されはじめた頃だ。

 「少年マンガ」といいながら、すでに漫画雑誌は大人のものになりつつあった。


 この当時の、漫画が溢れていた周囲で差別化をするとすれば、こんなアメリカン・イラストレーションが必要だったのかも知れない。


 漫画とイラストレーションはもちろん違う。

 片や漫画というのは読み捨てられ消費されるものであり、イラストレーションというのは保有され飾られ、眺められるものだ。

 ポスターというのは、いわば絵画をプリントで工業製品化したものだと定義していい。

 額入りのポスターすらあちこちで売られていた昔の思い出は、今から思えばとても懐かしい。




 この種の雑誌広告というのは、一種の雑誌の「オマケ品」のようなものだった。

 その真意が理解できる人は、きっと昭和の感覚がある人だろう。


 雑誌編集は、壁に飾っておきたくなるようなイラストや写真の広告を掲載し、人々はこれを切り抜いて壁に貼ったりした。

 雑誌を買えば上質のイラストレーションのポスターが無料で選んで貰える。 なかなかお得ではないか、というわけだ。


 掲載する編集の側もそれがわかっていて、あまり痛まないページにこうした広告を載せた。

 ビスケットの缶が値打ちがありそうなものにしていたり、ジャムの瓶がデザインされていたり、包装紙が思わずとっておきたくなるようなものだったりする。

 それと同様に、広告自体が雑誌の付加価値になった。


 だから、そこそこしっかりした印刷がされた雑誌というものは人々はみなが大事に買って眺めたものだ。

 記事が気になるからと、他人が気軽に手を伸ばせば怒られた。
 ページを折ったり曲げては困る。

 もしかすると飾りたくなる写真があるかも知れないじゃないか。
 それが折れていまえば困るじゃないか、というわけだ。


 そして広告には製品やキャッチコピーが入り込んでいる。
 あまり出しゃばらないようにして、そっと売りたい製品が背景を飾っている。

 やがてその広告の切り抜きが巷をにぎわせ、色んな男性の部屋や飲み屋に飾られ、いつかその影響が浸透して商品が売れるかもしれない。

 ブランドの価値が高まるかもしれないのだ。



 
 今、ブログやホームページなどで広告のバナーを貼っている感覚は似たものがあるかも知れない。

 こういう広告を掲載していた雑誌の編集側の感覚に似ていると言える。あるいは共通はしているが逆と言ったらいいだろうか。


 文字の記事ばかりのブログでは寂しいし、目を休ませるものがないと読者には読みにくい。

 かといってイラストや写真ではあまり意味がない。
 写真が趣味のブログならまだしも、記事より写真に目を奪われてしまうのでは困る。その説明も必要になってくる。


 そこで、ちょっとしたサイズの広告バナーを貼ってページに彩りを添える。

 価値があるのは記事の方だが、まずは包装紙の方も見て欲しいというわけだ。


 それによって、「この記事には多少は値打ちがある」と、読者へメッセージを伝えることにもなる。


 もちろん、僭越ながら当ブログの広告バナーにもこれと同じ意味がある。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

本家ラテカセと24時間営業への希望

DSCF1702


 これがまさしく正真正銘の本家「ラテカセ」だ。 発売したメーカーはビクターだった。


 AMとFMのラジオ、小さなブラウン管のテレビ、そしてカセットテープをひとつのボディにまとめた商品だ。

 今から考えれば、とても答えに詰まってしまい話にもならないだろうが、ラジオの何が面白かったのか、テレビの何をそんなに見たかったのか、カセットテープにダビングしてなにをする気だったのか。

 当時のコンテンツが今よりマシだったとしても、そこに答えはない。

 機能の複合自体に目的と価値があるからだ。


 まだビデオデッキの普及も進んでない時代、テレビがひとりに一台と言われるようになった時代を締めくくるようにして、こんな商品が発売されたのだった。



 電力を食うので内蔵した電池はいくらあっても足りなかった。

 せいぜいもって二時間。テレビを見ればわずか一時間で電池は切れてしまう。

 とても外へ持ってゆくような代物ではないが、見掛けだけはそんな「持ち運び」ができるようなフリはした。

 ラジオは短波放送は入らなかったし、テープもメタル対応ではなかった。

 もちろんテレビは白黒だ。




 こういう複合商品が全盛となった昭和の時代というのは長くあって、今でもたまにその名残りのように同じような発想の商品が売られていたりする。

 そのセンスはあくまでも昭和だ。


 高度成長を経て、何か便利なものという効用を探した時、高度成長の達成感から燃え尽き、行き詰まりそうになったのが当時の日本の姿だったと思う。

 そこでそれを打開するアイディアとして、このような複合商品というのが流行った。

 この当時、「ながら族」なんて言葉も登場したものだ。 


 なぜ「ながら族」だったのか。

 そこには一種の夢があったから。そう説明することができるだろう。

 我々の人生の貴重な時間が、複合商品によって簡略化でき、ひとつにまとまっていることで効率がある、そんな幻想が見れた。





 機能をフル回転させ、休ませないでいることは充実感につながった。

 売り上げという結果に関係なく、常にフル回転、フル操業がまず先に求められた時代だった。

 機械を一時さえも休ませない。

 そんなところに人々は前に進んでゆく希望、活力を見出そうとしたのだった。


 この頃から盛んになってゆく「24時間営業」のコンビニにしても同じことだった。

 24時間動いていること自体に何かの希望が感じられたのだった。

 深夜の3時にどれだけの客が必要として来るのか、そんな必要があるのか、それは今でも変わらない疑問だ。


 今ではすっかり人々はその夢から覚めてしまい、そんなものに乗ろうとする者はいない。わざわざ深夜にでかける客は少ない。

 ただ、この頃は、わざわざ24時間営業でやっている便利な店があるからと、その深夜の時間帯をわざわざ選んで出かけたり、わざわざ深夜にモノを買いに行った人々がいた。


 彼らは24時間という一日をフルに使っている自分を実感しようとし、好んで深夜を徘徊したのだった。


 「ながら族」から「24時間営業」へとつながっていったのだった。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!
 

未来のイメージ、ダイオードとタッチ式

DSCF1703


  こんな時計があった。 昭和の時代のイメージそのままに、ムクムクとした太った時計だ。

 昭和の時代、「宇宙家族ロビンソン」というアメリカのテレビ番組があった。

 日本でも放映されたが、そこには太った丸っこいロボットが登場する。


 この影響なのか、昭和の時代、ロボットや未来の街や建物のイメージは角ばっていず、たいてい丸い曲線で構成されていたものだ。




 考えてみれば無重力空間を旅する宇宙旅行で、あちこちに鋭利な部分があっては困るだろうし、極力そのような部分を少なくするのは当然のこと。

 何事にも配慮された未来のイメージということで、間違いではないかも知れない。


 しかし全体の存在のイメージとか、「触って操作する」部分以外の、例えば宇宙船自体のことを考えると、どこか違う気もしないではない。

 空気抵抗を考える必要のない宇宙空間では、宇宙船が鋭利なシェイプでも問題はないはずだ。

 
 この時計がやたらとムクムクとしているのは、未来のイメージというより技術的な必要もあったのだろうけれども。



 そしてこの商品名には注目せざるを得ない。

 「タッチトロン」というネーミングだが、「トロン」というあの伝説的映画よりは確実に前の商品だったはずだ。

 テレビのブラウン管の「トリニトロン」とか、そちらから来ていたのだろうか。





 この文字盤は液晶やLEDではもちろんない。

 発光ダイオードを使った表示だった。


 発光ダイオードというのは、あの有名な映画「2001年宇宙の旅」で、暴走したコンピューターHALがカウントダウンしたあの表示だ。

 発光ダイオードは赤と青ぐらい光ぐらいで、電卓やエレベーターの表示など、一時はあらゆるところに使われた記憶がある。


 今から思えば発光ダイオードの寿命は長く、今の液晶やヘタをすると今の品質の悪いLEDなどよりずっとヘビーデューティーなものだったような気がする。


  ダイオード管は、触ると少し熱を持っていたような記憶がある。




 そして、この時計のように、「タッチ式」というのもその後に大いに流行ったものだ。

 個人的にはタッチ式というものの耐久性には大きな疑問を感じるが、昭和の末期から、何でもかんでもやわらかでほんの少し触っただけで瞬時に反応するというのがもてはやされるようになっていった。

 「バチン」なんてスイッチを入れる方が分かりやすくていいと思うのだが、テレビやオーディオ、電子レンジなど、みんなソフトなタッチ式へと変わっていった。

 タッチ式の欠点である誤動作についてはあまり考えられることはなかった。


 考えてみれば、今でもパソコンのマウスからクリック感を取ろうとはしないものなのだが。


 こういうタッチ式がもてはやされた時代から、それがひいては今のスマホのような、フリック操作などへと引き継がれているような気がする。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

 
ブログランキング(押してね)