<$BlogTitle ESCAPE$> rollitup 広告批評 

rollitup 広告批評

  古い広告を批評するブログです。  前から続けてきた本家ブログからコンテンツを切り離すことにしました。  広告デザインを評論したり、古い広告を見ながら感じたことを書いています。 昭和の思い出と振り返り、記事は最新の更新です。   広告写真はクリックすると別ウィンドウで拡大できます。

広告から思う

アフターシェーブローション

DSCF1697


 またしてもオールドスパイス。このメーカーの広告はこのブログにはよく登場しています。

 つくづくこのボトルデザインは昭和そのものだ思い感心します。「昭和博物館」あればそこに相応しい。

 「海が躍る」なんて、箱から高波が来ているようなギミックなことをしますが、そんなことしなくても十分にインパクトはあるのに。
 この広告写真はちょっと違和感がある。


 乳白色というか、それが少しグレーがかったこのボトル。
 これをもっと強調してもいい。

 使うと効果があるかは、まるで分からないけれどもww。



 「アフターシェーブ・ローション」というのは昭和の時代、多いに売れたと思います。
 男がヒゲを剃った後のあの「ムチムチ」っとする違和感を抑えるためのものです。


 男のヒゲというのは、例えば床屋なんかでキレイにカミソリを当ててもらい剃ればこんなものは必要ありません。
 すっきりとして、最後は温めたタオルなどで実に爽快なものです。
 こってりとヒゲを剃り、跡形もないぐらい剃られても、そこは床屋ですから肌が痛むということもありません。


 ところが、自前で安物のカミソリや電動髭剃りなんかでヒゲを当てようとすると、中途半端に剃れてしまうものです。

 こんな昭和の時代は今のように切れ味の鋭い電気カミソリなんてありませんでした。
 カミソリにしても、二枚刃どころか三枚、四枚刃なんてシェーバーが売られている今からしたら、包丁で剃っているようなものでした。

 昭和の時代、自分で剃るヒゲなど剃り残しばかりでした。


 だから、こういうアフターシェーブローションというものは、床屋さんでヒゲを当ててもらった後の蒸しタオルとはまた違った狙いのものだったと言えます。



 自前で、自分で髭剃りを使ってヒゲを剃ろうとすると、どうしても剃り残しが出ます。
 見掛けはさっぱりしたようでもヒゲが毛穴の下に潜り込んでいたりします。

 剃り終わって、後になって皮膚の下から、毛穴の奥に寝ていたヒゲがプチプチと起き上がる感覚があります。

 なんだか痒いようなムズムズした感じです。

 何度上手に剃ってもなかなか残ってしまうものです。
 そういうことに昔の男性はみな引っかかるものを感じていたのです。
 アメリカの映画でも昔はそんなシーンがよくあります。みんな慎重に丁寧にヒゲを剃ろうとします。



 ヒゲを剃るのも大変なことでした。
 上手に剃れるかどうかというのも大人への階段でした。


 そして、そこを適当なところで切り上げると、やはりなんだかムズムズしてしまうものなのです。

 しかし見た感じはそこそこ剃れていますから、そうそうしつこくはやっつけることもありません。

 あまりしつこく剃れば肌が痛んでしまいます。
 昭和の時代、大人が髭剃りに失敗して血が出た顔ほどみっともないとされたことはありません。

 そういうことをしているとまるで子供で未熟だと見られたものです。


 それで、そういう髭剃り後の違和感を抑えるものに使われたのが、アフターシェーブローションというものでした。
 
 いわば爽快感の皮膚への刺激で、ヒゲ剃り跡の不快感を誤魔化そうとするものでした。

 スットした感じをさせ、髭剃り後が爽快に感じられるようにしたのです。



 今は髭剃りが発達していますから、アフターシェーブローションの役割というのはすっかり忘れられているでしょう。

 むしろ今はシェビングローションと四枚刃のシェーバーなんかでこってりとヒゲを剃れば、肌がヒリヒリするぐらいです。
 それを抑えるローションはきっとまた別のタイプになるはずです。


 ただ、こういうアフターシェーブローションを売っている方というのは、そこまでの説明はしませんでした。
 黙って説明はせず、「髭剃り後が爽快」とやった。

 
 男性はみな多かれ少なかれ様々な違和感や不快感をヒゲ剃りの後に感じていますから、あえてターゲットを絞らないようににそういう売り方をしたのだと思います。


 もちろん、だから、気がつかない男性にとってはアフターシェーブローションというのはてんでピントくるものではありませんでした。
 ましてや少年のような、か弱い発達してないようなヒゲを剃っても、こんなものが必要だとは分からないものでした。


 昭和の子供たちが、当時の大人たちのいわば「アフターシェーブローション協奏曲」というものに対して、みな奇妙な思い出とともにに振り返るというのはそういうことです。

 それからほどなくして、すぐによく切れる二枚刃シェーバーや深剃り電気カミソリが登場することになります。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

靴を気にしていた時代

DSCF1829


 昔は「男は足元を見られるものだ」さんなことを言われた。

 その足元が貧相だと人間まで貧相だと決め付けられてしまう、と。 
 そうなるとなかなか見直してくれることはない、と。

 昭和によく言われた話だ。


 良い靴というのが貴重だった時代があって、アメリカでは「靴磨きが相場の話をしてきたら終わりだ」と、恐慌を予想したという話なんかがある。

 景気がよければ、靴磨きはみながよい靴を履くようになったことが分かる。

 だから靴磨きも乗ってみようかと思う。

 だが、そこが天井だ。




 みなが靴を気にして、靴を中心にした米国ウォール街の日常というものがあった。

 靴は成功の度合いに応じて買い換えられ、今の生活を反映したものだからだ。


 それが時計、つまり「手元」だったりする。

 髪、つまり「襟足」だったり、歯並びや眼鏡なんてものもある。

 結局は世間いうものは何かの基準に飛びつきたいというだけのことかも知れない。



 女性は脚が見られることはあっても足元を見られることはない。その美しさは全体に滲み出るものだ。

 一方、男性は何の仕事なのか、どんな行動パターンなのか、もろもろ観察されていること、男には社会的な立場というものがあるので男性は靴が身だしなみだとされるようになった。

 しかしそれは僅かの時間のことだ。


 歴史的に我が国で武士が草履にこだわったなどと言う話はない。

 秀吉が温めた信長の草履、大将の靴を繕って見栄えを良くしてやったわけではない。


 「脚下照顧」という成語があり、「足元」は、「脚下」だ。

 その立場や状態が所作ひとつ、脚捌きひとつで身分さえ分かるから言われたことだ。

 身分制度の時代だ。

 そうして挙句にはカネ払いが値踏みされたりする。疲れていれば足元は覚束ない、多少の金額でもカゴに乗るだろう、と。

 米国のように身分のないところに靴という基準から判断しようとする必要はなかった。


 昭和の時代というのは、そうした過去の伝統と現在の価値観が混在し混ざり合うことを許した。

 浮ついた時代でもあった。

 だから表面的な作り話が容易く人の心に入り込んだ。

 都市伝説みたいなものも多く通用して流布された時代だ。


 男がこんな靴クリームで手入れをしている間抜けさ、タッセルシューズごときでいなせだと考えてしまう単純さ。

 今なら誰もが鼻で笑ってしまうことだろう。


 今、まだ勘違いのそんなお洒落を続けている連中は年寄りぐらいのものだ。



 靴が自分に合っていなければしょうがない。

 いざという時に動けないのでは困る。 一日一万歩ぐらい歩かないでどうする。

 よい靴を履こう。それは自分の足に合った履きやすい靴、動きやすい靴のことだ。

 そうでなければ今は命さえ落しかねない。

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!


デビット・ボウイ

661c3374


  デビット・ボウイ、この人のことで書くなら、とてもではないがブログのスペースでは足りない。

 グラムロックの時代を駆け抜けた人だ。

 実験的ロックとかそんな言葉が恥ずかしくなかった時代、ダイヤモンドのようにキラキラとした彼ら、多くのヒーローたちが時代を彩った。

 それは素敵な思い出だ。

 そして、ボウイは年齢を重ねても、エネルギーは無限にさえ思えた。


 しかしフレディも、みんな逝ってしまう。マイケルも。

 広告がスキャンの関係で歪んでしまったが、それも何かこの人には相応しいようにさえ思える。

 
 スッとした美しい人だ。カッコよさというのはこの人のためにある言葉の気がしないでもない。

 男とか音楽とか、声とか、リズムとか、そんなものではないところにあるもの。彼の存在自体がセクシーでかっこいい。

 自分をよく見ている人だった。見られる自分をよく考えた人だ。そして自然体でもあった。何かと戦おうとはしていたが、その自然さが相反するものだった。



 デビット・ボウイが好きだという女性を何人か知っている。

 みんな不思議と、同じようにして持っているボウイのレコードジャケットを俺に見せてくれた。


 そのうちの一人はアメリカに行って麻薬で亡くなった。もともと日本でも覚せい剤みたいなものをやっていたのかも知れない。

 ロレツのあまりよくない人だったが、いつも酔っている時に会ったから定かではない。


 中堅の広告代理店でバイリンガルとして登用されていた。

 望んで渡米し、暫くして音信がなくなり突然に亡くなったという連絡がきたらしい。

 実家が静岡の漁師町だと言っていた。

 キスをせがまれて拒んだ時、「そういう人じゃないんだ」と言われた。

 ボウイには、こんな湿った話もどこか似つかわしいところがある。

 晩年の熱唱はどれも鳥肌が立つ。  声と特有の発声が耳に残って離れない。

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

 
 
 

ジョージ・ハリスン

DSCF1698


 製品の広告だというのにジョージハリスンなどと、個別のミュージシャンの名前を出すというのは今はやらない手法だ。

 どうしたって人それぞれの好みがあるからだ。 染まってしまつてはたまらない。

 ビートルズ伝説があったにしても、それはないだろう。





 昭和の時代、ジョンレノンが死ぬ前後、ジョージはやたらと露出したがった。

 才能に溢れていたのはポールとジョンだったが、ジョージハリスンはその一角を占めようとした。

 「ボクがビートルズと呼ばれていた頃」なんて曲があったが、いかにも痛々しいものがある。


 スピリチュアルなことに傾倒し、人間的には悪くない人だったようだが、どうしても「ジョージハリスンその人」というものの影は薄いものがあった。



 人生の選択ということを考えると、解散後、役者に転ずるとさえ言われりしたリンゴスターとは違った。

 音楽プロデューサーとしての才能はあったようだが、なぜかそちらに専念するということもなかった。

 天才たちを前にして、どうしても何かのコンプレックスが植え付けられてしまったのかも知れない。

 ジョージハリスンというのはそういう男だ。
 


 その上でこの広告では、一見してタフそうな男が呟く。

 色々とオンナとあった。そして、「流れてきたのはジョージハリスンの声だ」、と。


 ひょっとしてこの広告はナヨッちいとハリスンを密かにディスっているのじゃなかろうか。

 そんな風にさえ思えてくる。


 ジョニーキャッシュやオーチスレディングの名前ならいい。

 しかしジョージハリスンという名前を使ったのは、分からない。いったいどんなイメージのつもりだったろうか。

 謎だ。


 ナショナル、つまり今のパナソニックだが、あそこの社員も末端はみなどこかおかしい連中の印象がある。

 引っ張っているのは有能なごく少数のまともな人々というわけ。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ   
この記事が悪くなかったらクリックをお願いします!

 
ブログランキング(押してね)